2006/5/27 湯殿山、恐怖の急斜面

今日は職場の同僚KOHさん、そして彼の仲間と湯殿山へ。

石跳川は陽光につつまれ、まったりした山旅を予感させます・・
c0081645_19224629.jpg


と思ったのもつかの間、KOHさん姥ケ岳対岸の急斜面にとりつく。
c0081645_19244690.jpg


われわれを置き去りにして、どんどん登る。
c0081645_19254921.jpg


湯殿山頂で追いつくと、はやくもドロップの体勢。
まだスキー履いてないって!
c0081645_19303849.jpg


頂上から下を覗き込むと、目もくらむような急斜面。
転んだら石跳川まで止まらない、絶対!
c0081645_19341860.jpg


恐怖に足がすくんでるワタシにはおかまいく、KOHさんドロップ。
c0081645_19385990.jpg


お仲間2人も、なんのためらいもなくドロップ。
途中、写真なんかとったりして余裕を見せています。
c0081645_19404936.jpg


あっという間に登り返してきたKOHさんは、2本目のドロップ。
c0081645_19425739.jpg


横滑り時々アルペンターンでやっとみんなに追いつく。
そのとき突然、横の斜面でブロック崩壊、KOHさんの背後を襲う。
c0081645_19443125.jpg


やはり湯殿山は神域。われわれの侵入に天罰が下ったのでしょうか。
と思うのはワタシだけで、ブロックをポールがわりにすべる者、上でポーズをとる者、
罰当たりな人たち・・・
c0081645_1948291.jpg


へぼテレマーカーのワタシには石跳川がちょうどいいなあ。
c0081645_19544579.jpg



10:20姥沢駐車場-11:00石跳川-12:15湯殿山頂-13:15石跳川
昼食後、スキー場に登り返し16:00頃まで遊ぶ
ブロック崩壊はマジ怖かったです。
でっかい雪塊が音もなくスーっと滑ってきます。
[PR]
# by yossy1904 | 2006-05-27 19:08 | テレマークスキー | Comments(0)

2006-5-4 南八甲田

今年、自分のゴールデンウィークは僅か二日。
初日の昨日は八幡平、そしては今日はやくも最終日・・・やっぱり八甲田でしょう!

大昔の岳友、東京から来たK君と酸ヶ湯の駐車場で合流、
比較的人の少なそうな南八甲田・猿倉岳へ行くことにしました。

夏道沿いに頂上へ向かう。
ちょうどよい疎林で下りが楽しみ。
c0081645_23391747.jpg

後ろを振り返ると、北八甲田の雄大な姿が。
まさに山スキー天国ですね。
c0081645_234255.jpg

ひだまりの山頂で、まったり昼食。
ビールがうまい!
c0081645_23523763.jpg

登ったコース(尾根)を滑る予定だったが、矢櫃萢から沢を下るボーダーを見て予定変更。
これがとても気持ちよいコースでした。
c0081645_23571290.jpg

もう一本行きたかったが、明日から仕事。
泣く泣く仙台に戻りました。

翌日、スーツに着替え向かった出張先は・・・青森でした。
[PR]
# by yossy1904 | 2006-05-03 23:06 | テレマークスキー | Comments(0)

2006/5/2 八幡平焼山

鹿角の実家は、ロケーション的に山スキーの格好のベースとなる。
なにしろ八甲田に1時間半、八幡平なら4~50分で行けちゃうから・・

朝、準備しているとパラパラ雨が降ってきたが、とりあえず南の空が明るかったため八幡平へ。

焼山の登山口は、後生掛温泉の渡り廊下。湯治客の視線を背中に感じながら登り始める。
c0081645_22482581.jpg


国見台が見えてくるころ、八幡平上空だけ快晴になってしまった。
c0081645_22512179.jpg


厳冬期、この斜面はパウダー天国になるとか。
c0081645_22531638.jpg


国見台と焼山の間にあるピークから、玉川に向かって滑る。
c0081645_2301791.jpg


とても快適な斜面だが、ブナ林に入ったとたんブレーキ、見事に前ゴケしてしまった。
林道に出たところで東へトラバース。後生掛温泉に向かう夏道沿いに登る。
c0081645_2381987.jpg


途中からほとんど勾配が無くなりガスってたり吹雪の時は、迷いそうな地形。
いいかげん飽きてきたころ、泥火山に出た。
c0081645_23133493.jpg


大湯沼を過ぎるとまもなく後生掛温泉へ。
c0081645_23155584.jpg



10:00後生掛温泉-11:15国見台-11:45栂森南の1350ピーク-林道
13:10昼食後、林道発-14:50泥火山-15:10後生掛温泉
焼山南面は快適なコースだが、だらだりした登り返しが飽きてしまう。
[PR]
# by yossy1904 | 2006-05-02 21:48 | テレマークスキー | Comments(0)

profile

メタボリック予備軍の中年男。
体重の割にスタミナがあるかな。
エネルギー源は内臓脂肪か?

備忘録のつもりですが、かなり洩れてるかも。
1968 八幡平(遠足)
1969 五の宮嶽(クラス行事)
1971 焼山(学年行事)
1976 五の宮嶽
1977 岩手山
1978 早池峰山
1979 田代岳、栗駒山、森吉山
1980 田代岳、秋田駒
1981 岩木山
1983 太平山
1986 藤原岳、竜ヶ岳、釈迦ヶ岳、御在所岳、雨乞岳、鎌ヶ岳、入道ヶ岳(以上、鈴鹿7マウンテン)
     北岳、間ノ岳、農鳥岳、日出ヶ岳(大台ケ原)
1987 秋田駒、田代岳、間瀬川中の又沢~追良瀬川源流(白神)
1988 間瀬川中の又沢~追良瀬川源流~赤石川滝ノ沢(白神)、畚岳~大深岳(八幡平)
1989 長男誕生、間瀬川中の又沢~追良瀬川源流ウズラ石沢~白神岳
1990 白神岳、八甲田大岳、岩木山(スキー)、高田大岳(スキー)
1991 蛭ケ岳、塔ノ岳
1992 次男誕生、富士山、浅草岳、安達太良山(スキー)
1994 間瀬川中の又沢~追良瀬川源流、大深沢~伝左ェ門沢(八幡平)
1993 八甲田、八幡平山頂~伝左ェ門沢~湯田又沢~八幡平山頂
1994 事故で下腿骨、腓骨骨折(ボルト13本で固定・・・その後10年、山に登れず)
2005 山を再開、泉ケ岳、栗駒山、焼石山、森吉山、船形山、
2006 スキー:刈田岳、蛇ケ岳、八幡平、不忘山、月山、焼山、猿倉岳、湯殿山
     山:屏風岳、月山、栗駒山、八幡平、皮投嶽、虎毛山、焼石山(秋田から)、不忘山、鳥海山、船形山~蛇ケ岳、焼石山(岩手から)、寒風山
2007 スキー:刈田岳、安達太良山、不忘山、船形山、蛇ケ岳、湯殿山、月山、八幡平、八甲田、姥ケ岳
     沢:大行沢、コガ沢権現沢、鳴虫沢、仙人沢左又、澄川石子沢
     山:船形山、鎌倉山(岩トレ)、焼石岳、杢蔵山、泉ケ岳
2008 スキー:姥ヶ岳、蛇ケ岳、箕輪山~迷沢、不忘山、船形山、八幡平、刈田岳、鳥海、月山、八甲田
     沢:振子沢、大行沢、二口沢
     山:大東岳、長倉尾根~船形、虎毛山、秣岳~栗駒、船形山、仙台神室~山形神室、後白髪~船形、ウバ沢~大沢小屋~御宝前~仙台カゴ
2009 スキー:泉ヶ岳、北泉ヶ岳、鉄山西尾根、不忘山、船形山、茶臼岳、八幡平焼山、天元台~大沢下り、湯殿山、月山、鳥海山
     山:屏風岳、日和山、八幡平、大倉山、大深岳、焼石岳
     沢:蔵王前川、二口沢、小阿寺沢、トウド沢~赤水沢周回

こんなに登ってるのに、人間ドックでメタボ認定寸前。
[PR]
# by yossy1904 | 2005-12-18 23:37 | 備忘録 | Comments(0)