<   2013年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

じぇじぇ!氾濫原で?

氾濫原を400人が駆け抜けるらしい。
http://www.spf-sendai.jp/event/outdoor.php
http://www.spf-sendai.jp/event/outdoor/images/cource.pdf
ここはクマと人間が絶妙なバランスで共存してる場所。
植生への影響は??


8月6日追記

今日の氾濫原
c0081645_23553690.jpg

夏草生い茂る森・・という印象ですが、5月に行くとこんな感じなんです。
c0081645_23581181.jpg

[PR]
by yossy1904 | 2013-07-25 21:27 | Comments(18)

スマホのGPS活用

スマホのGPS機能は2年前から使用してますが、あまり実用的には思えませんでした。
一番の問題はバッテリーの持ちの悪さ。
モバイルブースターを持てばいいかもしれませんが、それぐらいなら専用機を持てばいい話・・
なお、東北雪崩講習会では緊急時の通信手段確保のため、行動時は携帯電話(&スマホ)の電源をOFFにすることを推奨してます。


ところで最近、2年ぶりにスマホを代えましたが、バッテリーの持ちの良さに驚き。。
これは使えそうと思い、6月23日の月山山行で新スマホのGPS機能を試してみました。
この日はスタートから8時間後のゴール時点でバッテリー残量が80%。
これ、十分実用になりますね。

新旧のスペックを比較すると、やはりバッテリーの強化が目立ちます。
たぶんOSの電源管理も向上してるのでしょう。
c0081645_1111110.jpg

GPSソフトは「地図ロイド」+「山旅ロガー」。
画面の高精細化もあって、ほとんど紙の地図を広げることはありませんでした。
(画像は早池峰の時のもの)
c0081645_1132620.jpg

手持ちのガーミンと比較。
画面の大きさが圧倒的に違います(最近のGPSはかなり大きくなってますが)。
c0081645_11352264.jpg

もうひとつ、便利な機能。
出発前に「山と高原地図」を撮影しておきました。
c0081645_1138045.jpg

使う時、ピンチアウトすると簡単に拡大できます。
これで450円のスマホ版「山と高原地図」は購入不要?
c0081645_11415940.jpg

いちおう、念のためモバイルブースターも持っていきます。
最近は大容量の製品がたくさん売ってますが、私は電池版を使用。
他の電子機器と共用するため、エネループを2組持っていきます。
c0081645_1149523.jpg

夏山ではもう、ガーミンの出番は無いかも。。
次は沢で使えるか、試してみたいですね。
最終的に冬山で実用になるかですが、それにはいくつかの課題がありそう。
タッチパネルの操作、低温下でのバッテリーの持ち具合、etc。

なお、通信手段は温存したいので通話用回線とスマホ用回線を別契約にしました。
スマホは「Xiデータプラン ライト にねん」。月々の費用はSPモード利用料を含め4,295円なり。
不思議なことに、ガラケー分をプラスしても(月2,000円弱)、1台持ちよりもかなり安くなります。
[PR]
by yossy1904 | 2013-07-15 12:02 | 備忘録 | Comments(16)

ちょっと残念? 秋田駒

日曜はどこも天気が不安定な様子。
天気予報を何度もチェックした結果、岩手・青森の太平洋側だけ晴れ間が出そう・・。
それを信じて秋田駒へ登りました。
この日のメンバーは、朋友会のHP管理者・BCさん。
それとBauaくん・・、2年前の槍穂縦走の仲間です。

花は最盛期、八合目からの一般ルートは混みそうなので、今回は国見温泉から登りました。
登山道は一部えぐれてますが、よく整備され歩きやすい道です。
c0081645_2321765.jpg

まず目に入ったのがゴゼンタチバナ。
木道脇にずっと咲いてます。
c0081645_23242196.jpg

稜線直下に咲いていたサラサドウダン。
c0081645_23272515.jpg

以外にあっけなく稜線(横長根)に出ました。
ここも良く整備された道です。
c0081645_21514779.jpg

今にも飛んでいきそう。
c0081645_23364043.jpg

大焼砂から馬場ノ小路(ムーミン谷)へ下るところ。
なかなかガスが晴れてくれません。
c0081645_23382217.jpg

霧の向こうにコマクサ。
晴れていたら、どんなに綺麗でしょう・・。
c0081645_23391745.jpg

木道は駒池に水没。
c0081645_23415018.jpg

霧の向こうにコバイケイソウ。
c0081645_23443014.jpg

霧の向こうにニッコウキスゲ。
やっと咲き始めたようです。
c0081645_23451031.jpg

どうやら晴れそうにないですね。
この辺であきらめました。

どうせ展望は期待できないので男岳はスルー、阿弥陀池経由で横岳へ。
途中に咲いてたタカネスミレや、
c0081645_21531221.jpg

エゾツツジ。
c0081645_23524735.jpg

尾根に出るとシャクナゲ。
c0081645_2354849.jpg

大焼砂の下りは、またコマクサロード。
登山道に咲いてる花は、だれかが石で囲ってます。
c0081645_23562336.jpg

どうも春の花と夏の端境期のようです。
チングルマは実になりかけ、ニッコウキスゲやコマクサは咲き始め・・。
残念ながら期待ほどの花は見ることができませんでした。

・・と思いましたが、SDカードを確認するとけっこうたくさんの花が記録されてました。
ヤマレコや多くのブログで紹介されているので花の名前は省略します。。
c0081645_21155494.jpg

c0081645_21162644.jpg

c0081645_21165151.jpg

c0081645_21172215.jpg

c0081645_2117760.jpg

c0081645_2118362.jpg

c0081645_21202262.jpg
c0081645_21195694.jpg
c0081645_2119398.jpg

c0081645_2121294.jpg

c0081645_21541453.jpg

c0081645_21543570.jpg

c0081645_21545839.jpg

やはり秋田駒は花の山だ~!
[PR]
by yossy1904 | 2013-07-07 23:14 | トレッキング | Comments(4)

20130630_早池峰山

会山行で早池峰山に登りました。
ルートは河原坊から登り小田越に下る、超メジャールート。
この季節ですから、もちろん花を期待・・。
もう、1週間前からワクワクドキドキでしたよ。。
c0081645_0484736.jpg


上り始めは小雨。
カッバを着るほどではないが、ちょっと気持ちが萎えます。
そんな時、最初に出迎えてくれた花。
あれですよ、あれ。
ん?名前を聞いたけど忘れましたσ(^_^;)アセアセ...
c0081645_2347492.jpg

雨に濡れたチングルマ(実)。
c0081645_23512786.jpg

ミヤマハンショウズル。
可憐ですね。
c0081645_2359175.jpg

オダマキは登り始めから山頂まで、とにかく多かった・・。
でも、それぞれ個性があって飽きることがありません。
c0081645_011457.jpg

c0081645_021059.jpg

c0081645_02345.jpg

雨に濡れた花も、なかなかいいもんですなぁ。
ヘビノボラズ。
c0081645_091426.jpg

ホソバイワベンケイ。
c0081645_0121221.jpg

カラマツソウはアップで撮ると花火みたい。
c0081645_0221288.jpg

山頂が近づくとガスが晴れ、青空が顔を出しました。
花もきれいだけと、この岩山の雰囲気もいいですね。
c0081645_0145539.jpg

山頂まで3時間、花を見てたらあっという間に着いてしまいました。
お昼ごはんもお花畑の中(ロープ内です)。
c0081645_1192785.jpg

おにぎりを食べながら周りを見ると、こんな感じ。
c0081645_0494032.jpg

ハヤチネウスユキソウ!
c0081645_0252125.jpg

アズマギクも多かったなあ。。
c0081645_027379.jpg

山頂付近を歩くと、イワウメ。
ちょっと盛りが過ぎたか・・(花が散ってました)。
c0081645_035537.jpg

c0081645_0363524.jpg

ナンブトラノオ。
c0081645_0521025.jpg

これは花なのか?実なのか??
c0081645_1144451.jpg

剣ヶ峰まで行こうと思いましたが、ここの眺めで十分満足したので引き返しました。
c0081645_05643.jpg

下りは渋滞・・。
言葉を聞くと関東や関西方面の団体さんが多かったようです。
c0081645_0573810.jpg

ギンリョウソウを見るようになると、もうすぐそこが登山口。
c0081645_111321.jpg


あ~、楽しかった!
ところで早池峰は35年前にも登ってます。
季節もちょうど今頃。
でも花の記憶が無い・・。
その頃はまだ10代後半だったので関心が無かったんでしょうね。。
[PR]
by yossy1904 | 2013-07-03 01:03 | トレッキング | Comments(12)