<   2012年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

20120825-26_和賀岳

朋友会R50(アラフィフ)の定番となってきた宴会山行、今回は新人女子を迎え和賀岳へ。

入山祝いは薬師岳登山口に建つ小路又トイレ・休憩所。
大仙市のHPにはトイレ・休憩所と書いてますが、立派な山小屋です。
他に利用者が居なかったので、ここで入山祝い(宴会)、そのまま宿泊しました。
c0081645_22574190.jpg

広い土間があり、炊事も楽。
c0081645_22583794.jpg

準備が整ったら恒例の・・
c0081645_2344378.jpg

翌朝はちょっと二日酔い。
でも、朝日を浴びて元気よく出発!
c0081645_23131029.jpg


続きはヤマレコで!!

http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-220370.html
[PR]
by yossy1904 | 2012-08-31 23:18 | トレッキング | Comments(10)

朋友会R50の夏山合宿 八幡平~岩手山

2年前から続く仲間との夏山合宿、今年は金曜日から3日間の裏岩手縦走です。
休みが取れないメンバーもいたので、岩手山単独のプランも用意しました。

A班(7/27~29・裏岩手縦走)
八幡平~大深岳~三ツ石小屋(泊)~鬼ヶ城~不動平避難小屋(泊)~岩手山山頂周回~姥倉岳~松川温泉
B班(7/28~29・岩手山)
松川温泉~姥倉山~鬼ヶ城~不動平避難小屋(泊)~岩手山山頂周回~大松倉岳~三ツ石小屋~松川温泉

ワタシは東京からの移動があったのでB班に参加、Bauaさん、N田さん、青森から参加のkitchanさんの4名でA班を追いかける展開。

岩手山は社会人になった年、30ウン年前に登ったことがあります。
その時は馬返しからでしたが、今回は反対側の松川コースから。
c0081645_0114438.jpg

人気の岩手山ですが、このコースはとても静か。
ブナ林がオオシラビソに代わり、ちょっとガスが出てくると姥倉山山頂。
c0081645_0161891.jpg

登山者は少ないが、よく整備されたコースです。
c0081645_020591.jpg

姥倉分岐は地熱で荒涼とした風景。
c0081645_020638.jpg

しかし、黒倉分岐に近づくと稜線上はお花畑・・。
c0081645_0231033.jpg

初日のルートは鬼ヶ城。
下に明日通る八ツ目湿原が見えます。
c0081645_028447.jpg

今日最大のお楽しみ、鬼ヶ城の岩場を通過します。
c0081645_0305721.jpg

嬉しさを隠せないBauaさん、おもわずY字バランス・・。
c0081645_0322912.jpg

稜線は岩場とお花畑が交互に続きます。
c0081645_0344848.jpg

c0081645_0352289.jpg

c0081645_0355148.jpg

なんだ、こりゃ??
c0081645_0362152.jpg

今夜の宿、不動平避難小屋が見えてきました。
c0081645_0374811.jpg

先着のA班(裏岩手縦走)が出迎えてくれました。
ウエルカムドリンクで乾杯!!
c0081645_0385483.jpg

真新しい小屋はとても快適。
30ウン年前は屋根が抜け落ち荒れ果てた小屋でした。
仕方なく、小屋の前にテントを張ったことを思い出します。
c0081645_04548.jpg

翌朝、A班とお鉢めぐりへ。
山頂に向かう砂礫の道は両側とも花・花・花・・。
新しいカメラ(DMC-G1)のバリアングルが大活躍。
c0081645_0482886.jpg

c0081645_0485026.jpg

一瞬ガスが晴れ日が差しました。
朝日に輝く花。
c0081645_050451.jpg

山頂に近づくと、まだコマクサががんばってます。
c0081645_0505615.jpg

この日の岩手山は若い方がたくさん登ってました。
山ボーイ?
c0081645_0515335.jpg

山ガール。
「シャッター、押そうか」
すかさずBauaさんが声をかけます。
この性格がウラヤマシイ・・。
c0081645_0532048.jpg

おっさん、お■”さんたちも・・。
c0081645_056617.jpg

不動平から八ツ目湿原へのルートは、とても幻想的。
c0081645_0575378.jpg

鬼ヶ城を見上げる。
c0081645_0594165.jpg

夏山合宿恒例のスイカ。
ここまで運んでくれたBauaさん、N田さんに感謝。
c0081645_104115.jpg

タネはちゃんと回収しましたよ。
c0081645_112634.jpg

黒倉分岐でA班と別れ、われわれは三ツ石小屋へ向かいます。
大松倉山の稜線は見晴らしがよく、とても気持ちの良い道。
c0081645_143395.jpg

登山道脇にはハクサンフウロ、クルマユリが交互にあらわれます。
c0081645_155990.jpg

写真を撮ってると、今日中に下山できない!!
残念ですが、先を急ぎましょう。
三ツ石避難小屋でそそくさと食事をすませ、
c0081645_192489.jpg

松川温泉に下山。
峡風荘に向かうと、A班の面々がちょうどお風呂から上がったところでした。

*レポートはヤマレコをどうぞ。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-211580.html

【追記】
大事なこと書き忘れてました。
小屋に荷物を置き空身で山頂へ登ってきましたが、その間に高校生たちがきれいに小屋を掃除してくれました。
ありがとう!水沢高校山岳部!

[PR]
by yossy1904 | 2012-08-01 01:01 | トレッキング | Comments(14)