<   2011年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

清川行人小屋ツアーは中止、でも・・

恒例の月山大雪城~清川行人小屋、今年は雨で中止となりました。
ただ、一度集合すると「中止ですよ、ハイさよなら~」という気分にはなれません。
どっか自炊宿に行こうということになり、検討の結果肘折温泉へ・・。
なかなか楽しい旅となりましたよー。
今週はずっと東京出張なので、帰ったらレポートをアップします。
宿のご主人に、「ぜひ肘折の山と温泉をPRして」と頼まれたし。。
(震災後の宿泊客激減で、途方に暮れてる様子)



ん~、実はホテルからアップしようと思ったらカメラのSDカードを忘れちゃったのだ・・。
[PR]
by yossy1904 | 2011-05-23 22:13 | テレマークスキー | Comments(4)

月山~自然観察

姥ヶ岳から石跳川を滑り降りたとき、ネーチャーセンターで自然観察に出かけるグループを見ました。
ガイドがついているようなので、帰ってからセンターのHPを見ると、無料で2時間半のツアーがあるようです。
「無料・・」 この言葉、好きです。
二日後、家族を連れて再び月山へ。

ツアーは午前9時半と午後1時半の2回あります。
月山まで行ったら帰りは蕎麦と温泉も楽しみたいので、早起きして午前のツアーに参加しました。
参加者は私たちのほかに神奈川から来た親子。
c0081645_224813.jpg

小さい子供がいるので、インタープリター(自然解説員)の解説も子供向き。
この木、何に見えますかー?
c0081645_2211925.jpg

アップで見ると・・・
c0081645_22114683.jpg

じゃ、これは?
c0081645_2212249.jpg

大人向きの解説も・・。
ヤドリギに取り付かれたブナは枝にこぶをつくり、養分を蓄えるそうです。
でも、結局弱って枯れてしまうとか。
c0081645_22142727.jpg

2時間半のツアーはあっと言う間。
無風、快晴、気持ちよい汗をかきました。
c0081645_22145288.jpg

ネーチャーセンターへはトイレを借りるときしか入った事がありません。
今回はじめて中の展示を見ました。
2階の休憩コーナーは絶景・・、湯殿山、姥ヶ岳。
c0081645_2220877.jpg

ゆきもみじ(ブナの芽麟が雪に落ちた様子)のころや花が咲くころ、また来たいと思います。

この後はスキーに来たときの定番コース。
まず水沢温泉で入浴。
たぶん循環でなんの変哲もないお風呂ですが、洗い場が広くゆっくり入れるのでお気に入りです。
お腹がすいたところで、次はお蕎麦屋さん。
ワタシは肉蕎麦が大好きです。
いつもは寒河江の「そば処 かつら」に寄りますが、この日は慈恩寺にも行きたかったので国道沿いの「ふもと」へ。
初めてのお店ですが、肉蕎麦はどこに入ってもおいしいですねー。
満腹になったところで慈恩寺へ。
5月5日は慈恩寺舞楽、なんとも不思議な舞いでまるでタイムスリップしたようでした。
c0081645_22474884.jpg


※5/10追記
ネーチャーセンターのHPを見たら、トップの写真に私たちが写ってました!
いずれ消えるでしょうから、記念に画像をキャプチャーします。
c0081645_8555052.jpg

[PR]
by yossy1904 | 2011-05-09 22:48 | トレッキング | Comments(10)

20110503_姥ヶ岳

浅草岳は楽しい山行でしたが、残念ながら雨にたたられスキーはイマイチ・・。
ちょっと欲求不満だったので、月山に行って来ました。
天気良し、雪も良し、発散しました・・・
まずは動画をごらんください。

不肖ワタクシも映っております。黄緑のジャケットです。

Youtubeライブラリから音楽を挿入しているため、画面下部に広告が入ります。
気になる方は「×」で消してください。

今回の滑降コースは牛首から四ツ谷沢、姥ヶ岳西面、石跳川。
湯殿山南面も予定してましたが、ネーチャーセンターで情報収集した結果、今回は断念。
遠望してもクラックが多い事はわかりますが、雪に隠れた細かいクラックも多く危険とのこと。
[PR]
by yossy1904 | 2011-05-05 21:50 | テレマークスキー | Comments(10)

20110430-0501_浅草岳

例年通りGWは八甲田のつもりでしたが、北に行くほど天気が悪そう・・。
気象庁のHPを見ると会津方面はいくらか良さそうなので、急遽浅草岳へ変更。
風評被害に苦しむ福島の観光産業を、少しでも助けたいという気持ちもありました。
まあ、登山客の落とすお金などたかが知れてますが(汗)。

4/29(祝)
午後6時半集合、メンバーはbeken、baua、yabetti、私の4名。
他に現地で弟のパーティと合流予定(2名)。
例年に無く大雪で除雪は入叶津の集落まで、登山口まで車は入れません。
集落手前のスノーシェッド入り口に10時ごろ着、先に着いていた弟のパーティと入山祝い。

4/30(土)
朝7時半出発。
今回のテン場は沼の平、きつい登りは無いのでザックにはビールや食材がたっぷり。
今まで経験の無いほどの重量です。
叶津川沿いに北上、87番の電柱から山に入ります。
少し登ると林道へ、そこからテン場までのルートはほぼ平坦。

c0081645_2101687.jpg

大三本沢を渡渉するとそこは沼の平、あっけないほど簡単にテン場に到着しました。
テントを設営しランチタイム、そのうち予定外の雨が・・。
通り雨であることを期待し、しばし昼寝(-.-)Zzz・・・
待っても止む気配がないのでそろそろ宴会準備かと思ったら、弟から「行くぞー!」と号令。

沼の平からは安沢を登りますが、あちこち亀裂が入り不気味・・。

c0081645_21222919.jpg

先を急ぎますが、この沢がけっこう長いのです。
もうシャリバテ寸前。
c0081645_21234384.jpg

一番上部の支流に入り、途中から尾根に上がると山頂が見えてきました。c0081645_21244954.jpg

ここからさらに樹林帯の終わるあたりまで登りましたが、雨が本降りとなったため写真は無しです。
尾根は少し風があり寒くなってきたので山頂は断念、標高1350m付近から下りました。
テン場に戻ると皮肉なことに雨は止み、日が差しはじめました。

c0081645_21292568.jpg

のんびり宴会準備をしていると向こうの斜面から轟音が・・、底雪崩でした(((((ノ゚⊿゚)。
とりあえず今日の無事を祝って(?)乾杯!
c0081645_2138295.jpg


5/1(日)
夜半から再び降り始めた雨も、朝ごはんを食べ終える頃には上がりました。
ワタシ「晴れてきたし、今日こそ山頂アタックする?」
みんな「No!」
2ヶ月ぶりの山行でバテバテなんです。
それでもなんとか山の神まで登り、夏道を下りました。
途中、デブリだらけでヒヤヒヤ・・。

c0081645_21533677.jpg

沢を渡るときは、一人ずつ慎重に・・。

c0081645_21552049.jpg

昨日は無かったのに・・。
c0081645_21554293.jpg

beken氏提供のGPSログから。
c0081645_21565112.jpg


Youtubeに動画をアップしました。
ワタシの環境ではなぜか音声がアップされないので、Youtubeライブラリから音楽を挿入しております。

[PR]
by yossy1904 | 2011-05-04 22:10 | テレマークスキー | Comments(6)