<   2010年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

彩雲

リンクいただいてるmorino1200tbさんのブログに、彩雲の写真がありました。
http://morino1200.exblog.jp/12664531/
同じ日、鳥海山でも見えていたようです。
http://blog.goo.ne.jp/idehablog/e/7813cf665a7b2f1eecd45466e8f23460
ワタシも姥ヶ岳で同じ景色を見ていました。
指が写ってたので前回のブログには載せませんでしたが、トリミングして・・(汗)
c0081645_9553916.jpg

山では不思議な光景を見ますね・・
c0081645_9555421.jpg

[PR]
by yossy1904 | 2010-05-22 22:06 | Comments(8)

20100515-16_月山大雪城

スキーシーズンも終盤、板洗いにふさわしい場所をいろいろ考えた結果、大雪城へ。
もちろん、清川行人小屋の宴会付き。

曇りの天気予報通り、月山リフトから登り始めるとすぐガスの中へ。
c0081645_22232776.jpg

牛首付近で昼食をとっていると、次第にガスが晴れ山頂が見えてきました。
品倉尾根は雲の下。
c0081645_222427.jpg

前日の雪で、山頂までシール登高が可能でした。
雲海の向こうに鳥海山が・・。
c0081645_22242095.jpg

山頂からは360度の雲海。
大雪城が雲の中に溶け込んでいるようです。
c0081645_22243994.jpg

この後、雲海に向かってドロップ(動画を!)。
われわれ山スキーヤーにとっては、まさに極楽の瞬間を味わい、雲の下の清川行人小屋へ。。
すでに宴会に突入している2パーティに割り込み、我々もすき焼き開始!
写真右下をごらんください。玉子も持っていきましたよ、割らずに!
c0081645_2225848.jpg

となりのおじさん二人パーティの会話が聞こえてきました。
なにやら、弟の山岳会の話題が出ています。
話しかけると、岳人などで何度も目にしたライターの高桑信一さん!
弟とも旧知とのことで、びっくり。
わがパーティのメンバーは早々と沈没したので、薪ストーブのそばに移動し、まったりと清川行人小屋の夜を楽しみました。

翌日は山頂経由で姥ヶ岳西面へ。
新雪がシャーベット状となり、この日も極楽スキーを楽しみました(動画を!)。
まさしく板洗いにふさわしい二日間でしたが、雪はまだたっぷりあります。
たぶん・・・、また行きます。

動画の構成
①山頂から見る360度の雲海。
②大雪城の滑降。雲海を抜け小屋に至る。
③すき焼き。
④姥ヶ岳西面。


おまけ
帰り道、西川町の出羽屋で山菜そばを食しました。
美味なり!
c0081645_22254118.jpg

[PR]
by yossy1904 | 2010-05-18 22:31 | テレマークスキー | Comments(14)

20100509_岩トレ(鎌倉山)

毎年、この季節が近づくと妙に緊張します。
山岳会の岩トレがあるのです。

新会員はまず、低いところで練習。
楽しそう・・
※左の3人は講師
c0081645_23412267.jpg

でも、そのうちこんなところに連れていかれるよ~
c0081645_23433967.jpg

ちなみにリード(講師)の確保をするのは、ワ・タ・シ・・
初めての経験で、自分が登るより緊張しました。
確保器はATCガイドを使用。
この後、講師がロープにぶら下がってくれましたが(度胸ある~)、気持ちよく制動。
シンプルながら、よく考えられた道具だと感じました。

セカンドで登る自分(撮影、beken)。c0081645_04247.jpg

岩に取り付くとあまり恐怖は感じません。
下を見る余裕など無いからです。
c0081645_064620.jpg

ケンスイで下り、
c0081645_0143879.jpg

ほっと一息つくと、地面に古いハーケン。
c0081645_022242.jpg

練習ゲレンデとしての長い歴史を感じさせます。
ところで鎌倉山はJRの所有らしいですね。
勝手に使わせてもらっているので、今回の交通機関は仙山線を利用しました。
作並の駅前でビールを買い込み、すっかりできあがったbekenとIna氏。
一日の緊張が解けたのでしょう。
c0081645_0201872.jpg

[PR]
by yossy1904 | 2010-05-13 00:20 | 山遊び | Comments(8)

2010GW_八甲田

GW後半は朋友会のテレマーク仲間3名で八甲田へ。
初日(5/3)ゴンドラは運休・・、でも、こんなときのためのとっておきのコースがあります。
高田大岳。
山頂からふもとまで広大な急斜面を一気に滑り降りる、八甲田随一のダイナミックなコースです。

谷地温泉から歩き始め、小ピークを東側から巻くと正面に大斜面が現れます。
c0081645_2348984.jpg

正面から見るととても急に見えますが、登りはじめはなんとかシールの利く斜度。
c0081645_23534538.jpg

頂上がそろそろ見えるころ、ビンディングに異変が・・。
歩くと左右にぐらぐらします。
良く見ると、ゲタの部分のインサートビス2本が抜け落ちていました(矢印部分)。
c0081645_0203459.jpg

これ以上のぼっても、下りが大変です。
結局、無念の敗退となりました(ほかの2名は登頂)。
幸い弘前のモンベルで7tm用のビスを購入、なんとか修理できました。
c0081645_0222230.jpg

ちなみに、このビスセットは1500円也。
帰宅後調べたらISO規格の5mmのネジとか・・、ホームセンターで98円で売ってました。
c0081645_12463416.jpg


二日目(5/4)は風も収まり、絶好のコンディション。
ゴンドラも運転していたので、この日は箒場岱コースへ。
赤倉岳は例年、シールで登ることができますが、今年は雪が無く登山道を歩きました。
c0081645_0301392.jpg

それでもコース上にはたっぷりとザラメ雪。
昨日登った高田大岳を横に見ながら、ドロップ!
c0081645_039528.jpg

地図を見ると箒場岱コースはかなりのロングコース。
山頂付近の大斜面、中腹は針葉樹のツリーラン、ふもとはブナの原生林・・、変化に富んだすばらしいツアーコースを堪能しました。
c0081645_12454856.jpg


*地図は国土地理院発行の2万5千分の1地形図を使用
[PR]
by yossy1904 | 2010-05-07 01:14 | テレマークスキー | Comments(12)

20100430_東吾妻~浄土平周遊

4月29日は会山行で鳥海・祓川ルート、翌30日は個人山行で千蛇谷を予定していましたが、悪天候で中止。
30日は福島以南が晴れる予報となったため、東吾妻に目的地変更。

地形図とにらめっこし東吾妻の北面、前大巓あたりが良さそうだと判断。
しかし、東吾妻は樹間が狭くちょっと残念な結果に。。
鎌沼まで下りると、前大巓より一切経との間にある1928ピークが良さそう。
こちらは片斜面ながら快適なザラメ雪でみんな満足。
酸ヶ平小屋で昼食を済ませると、目の前の蓬莱山も良さげです。
時間も体力も余裕があったので、さっそくつぼ足で斜面にとりつきます。
あっけなく山頂付近まで登ると、東面は申し分のない斜面。
まずは動画をごらんください。



※動画の構成
東吾妻の登り→樹林帯の下り→なんとか沢筋を滑って鎌沼に滑り込む→なるべく植生を痛めないように木道を歩く→1928ピークの登り→同滑降→蓬莱山の大斜面滑降

※出演
 Y先生(ベテランテレマーカー)
 Beken(アルペンの達人)
 Inaさん(テレマーク一年生)

c0081645_16105429.jpg

*国土地理院発行の2万5千分の1地形図を使用
[PR]
by yossy1904 | 2010-05-02 16:11 | テレマークスキー | Comments(13)