<   2009年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

20091025_焼石岳

日曜日、朋友会新人のIさん、いつものbeke君と焼石岳へ。
向かう車中、どのコースを登ろうかとの話になりました。
今は中沼コースが通れないので、つぶ沼コースか東成瀬コースになります(夏油から行くコースは時間的にパス)。
今回は私のわがままを聞いてもらい東成瀬コースへ決定。
理由は焼石沼にあります。

山岳釣り集団「むげん」の会報(PDF版)に、焼石沼の記事が掲載されていました。
曰く「昨年の地震で土砂で埋まったと聞いたが、最近の情報では以前と変わらないらしい」とのこと。
土砂で埋まったとの情報は、たぶん私が弟(むげん会員)に話したものかと・・
「ガゼネタを提供したのかなー、でも以前と変わらないならうれしいなー」
と思っていましたが、雪が降る前にやっと自分の目で確かめることができました。

途中、地震の傷跡がそこここに・・。
c0081645_21432354.jpg

しかし、沢を越え草原に出るといつもと変わらぬ焼石沼がありました。
まずは一安心です。
c0081645_21441339.jpg

beke君が指差す方を見ると、冠雪した鳥海山。
c0081645_21452381.jpg

c0081645_2156170.jpg

素晴らしい天気です。早々に沼を後にして、山頂へ。
360度の大展望。beke君を撮影するIさんを撮影。
c0081645_21462483.jpg

後ろに見える岩手山や早池峰は写ったかな?

まったく変わらないように見えた焼石沼ですが、上から見ると土砂が流れ込んだ痕跡を見てとれます。
沼に流入する沢沿いに土砂が堆積してます。
そういえば、沼も浅瀬が広がったように見えました。
c0081645_21481837.jpg

沼にはイワナが生息してますが、ライズは見ることができませんでした。
ただし私たちがいたのは短時間。
以前と同じように、渓魚の営みが続いていればいいのですが・・

ところでIさんのザック、渋いです。
奥様のご父君の形見とか。
さすがミレー、代を重ねてもしっかりしてます。
しかし、いつの頃のものでしょう?
c0081645_2154419.jpg

9:00東成瀬登山口~11:10焼石沼~12:00焼石山頂~3:00東成瀬登山口
[PR]
by yossy1904 | 2009-10-27 22:21 | トレッキング | Comments(12)

冬が来る!

今日、スキーをチューナップに出しました。
「3~4週間かかりますねー」と言うのを、
「絶ーー対、11月20日まででかして!」とお願いしてきました。

そうです。
今年も11月の3連休が初乗り!
場所は、聖地(自分的に)八幡平。
あとは雪を待つだけ。。

ところで今日は焼石岳に行ってきました。
快晴、空気は澄み渡り鳥海の冠雪が遠望できました。
雪はもうすぐそこまで来ています!
[PR]
by yossy1904 | 2009-10-25 22:11 | Comments(8)

20091011_桃洞沢~赤水沢

連休は岳友beke君たっての希望で、森吉・桃洞沢~赤水沢周回コースへ。
正直、この季節に沢かよ・・という気持ちでした。
でも、いつも私のワガママに付き合ってくれるbekeくんです。断れません。
気がすすまないまま向かった秋田ですが、予想に反し(?)すばらしい沢旅となりました。

10日は移動日。途中、岩手山が冠雪してました。
ワタシ「雪だよー、こりゃ沢どころではないね!」
beke「だいじょうぶだよ」
夜、突然の嵐。
ワタシ「こりゃ、ますます沢どころではないね!」
beke「朝にはやむよ」
朝、また雨が降り始めました。
ワタシ「やっぱりダメだな・・」
beke「準備しているうち、やむよ」
負けました・・

桃洞の滝は何度か見てますが、目の当たりにするとやはり圧倒されます。
左岸のステップをたどると、あっけなく上流へ。
c0081645_22521149.jpg

もちろん、それなりに高度感はあります。
一部ステップの無い部分もあるので、下を見ずに一気に通過。
ここちよい緊張感のあと、目にとびこんできたのは桃源郷でした。
c0081645_22551034.jpg

紅葉、秋田杉の原生林、そして舗装路のような沢・・。

歩き始めてまもなく、右(左岸)に多段の滝が現れます。
どこまでも登っていけそう・・。
この支流を詰めると黒石林道に出るとか。
c0081645_22583290.jpg

男滝。
下で会った地元山岳会の方に「トラロープがあるから」と言われましたが、ありません・・
c0081645_2343582.jpg

beke君が上部バンドまでなんとか登り、スリングを垂らしてくれました(ボルト有り)。
c0081645_23678.jpg


赤水沢に抜けるためには、左の支流に入ります。
それらしい支流がありましたが、目印は一切無し。
若干不安はありますが、GPSで確認したので間違いは無いでしょう。。
c0081645_2311550.jpg

よく見ると2mくらいの高さまで増水した形跡あり。
先週の台風で、目印が流されたのかも。

支流に入ると流れは細くなりますが、ナメは源頭まで続きます。
c0081645_23133723.jpg

いくつか小滝を越えたころ、ちょっといやらしい滝。
泥つきの側壁に足跡がありますが、どうにも手がかりがありません。
スリングの先にカラビナを付け、投げ縄方式で上にある潅木をつかみなんとかクリア。
c0081645_23183384.jpg

なお、源流部では1:1の出合いが数箇所あります。
ここはしっかり読図、うまくいくとヤブ漕ぎ無しで尾根を越えることができます。
c0081645_23211690.jpg

尾根付近はキノコの宝庫。
以下、名称は秋田方式。
サワモダシ。ちょっと過ぎていました。
c0081645_23233176.jpg

ナメコ。今が旬かも。
c0081645_7552438.jpg

カノカ。たくさんありましたが虫がついてました。
c0081645_056164.jpg

赤水沢も源流までナメ。
かなり急斜面ですが(というか、ナメ滝)、フリクションがよくきくので歩いて下れます(一部、笹や潅木をつかみましたが)。

赤水沢は桃洞沢の倍ほどの規模ですが、やはり明るく開け、紅葉彩る桃源郷です。
いくつか現れる滝は、残置スリングがあり快適にケンスイ(古いスリングは取り替えました)。
c0081645_23341784.jpg

そして今回のハイライト、兎滝。
某ガイドブックには、「度胸を決めて下を向いて走り下る」とありますが落差40m、そんなことできませ~ん!
ここのために50mザイル2本を担いできましたので、流木に支点をとり一気にケンスイ。
c0081645_23371883.jpg

なお、中間テラスに潅木があり支点に使るので、途中でピッチを切るのもOK!

ところで、兎滝上部にも小さな滝があります。
c0081645_23394770.jpg

ネットを見ても、この滝に触れた情報はありません。
みなさん、どのように下ってるのでしょうか。
ワレワレは左岸側壁をテラスまでのぼり、潅木の根っこに支点をとってケンスイしました。
どうせ兎滝でロープを出すので、ここもケンスイが早いと思います。

兎滝下部はまるで水が流れている舗装路。
長靴で滝見物にきている観光客も。
甌穴や溝に気をつけながら、紅葉の赤水沢を下りました。
c0081645_09585.jpg


8:20野生鳥獣センター~9:20洞桃の滝~10:08男滝~10:33支流出合い~11:50コル~12:25赤水沢本流出合い~15:05玉川コース出合い~16:20野生鳥獣センター
c0081645_738512.jpg

ところで前夜の宿泊は、親子ふれあいキャンプ場。
施設の整ったオートキャンプ場ですが、使用料無料!
受付も要らないようなので、遅く着く場合は便利です(他のキャンパーに迷惑をかけないこと)。
c0081645_0193189.jpg

[PR]
by yossy1904 | 2009-10-12 23:45 | 岩・沢 | Comments(16)

公開登山 安達太良~箕輪

日曜日、会の公開山行に参加しました。
大人数での山行は苦手ですが、今回のコースにはちょっと惹かれました。
安達太良、鉄山、箕輪山、スキーでよくお世話になってる山なんです。

今回の参加者は40名超・・
移動は貸し切りバス、団体旅行ですね。
c0081645_11325169.jpg

紅葉真っ盛りとあって、安達太良山は人、人、人・・
c0081645_1134659.jpg

山頂は渋滞、10分待ちぐらいだったかな?
c0081645_11345884.jpg

安達太良を過ぎる頃からカメラがトラブル。
写真がみな白っぽく写ります。
設定をリセットしても状況かわらず・・、そろそろご臨終かな(中古のB級品なもので)。
ガスが出て暗くなると、なんとか撮れます。
c0081645_11385918.jpg

せっかくの紅葉なので、帰ってからいろいろレタッチしてみました。
箕輪山の下り。
c0081645_11411552.jpg

鬼面山から箕輪山を振り返る。
いい斜面だな~(紅葉よりパウダーが気になる・・)。
c0081645_11425680.jpg

鬼面山の下り。
c0081645_11534594.jpg

ところで下山中、不思議なものが。
イワカガミですよねー、咲くのが早すぎるのか遅すぎるのか・・。
c0081645_1210214.jpg


山から下りるとバスが待ってました。
土湯温泉で汗を流し、帰りの車中は大宴会。
ゲスト参加の皆さん、楽しんでくれたかなー。


9:00ロープウェー下車~10:30安達太良山~11:30鉄山避難小屋~12:40箕輪山~15:10新野地温泉
[PR]
by yossy1904 | 2009-10-06 12:23 | トレッキング | Comments(12)

マツタケ?

実家のペンキ塗りに行ったとき、隣家のご主人に見せられたキノコ。
去年、貰ったマツタケが胞子を出してるようだったので、松の盆栽の根元に縛り付けておいたそうです。
そしたら、ことしキノコが生えてきたとのこと。
はたして、マツタケでしょうか??
キノコに詳しいかた、鑑定してください。
c0081645_2283797.jpg

c0081645_2285624.jpg

c0081645_2292220.jpg

ところでこの松は、隣家のご主人が小学校5年生のとき山から採ってきたそうです。
この方、70歳くらいなのでかれこれ60年ぐらい一緒に過ごしてきた松・・。
こんな貴重な盆栽に、キノコを生やしていいものでしょうか?
[PR]
by yossy1904 | 2009-10-03 22:10 | Comments(8)

「その他のリンク」について

左側にあるメニュー下部の「その他のリンク」は、自分と関わりのあるサイト、山でお会いした方のサイトを紹介してます。

朋友会→自分の所属する山岳会。
西川山岳会→月山の麓の山岳会。とても活動が活発で朋友会のメンバーもお世話になっている。
山岳渓流釣り集団むげん→弟の所属する会。東北にもいたるところに足跡を残す。記録必見。
OL登山委員会→弟の嫁さんの山岳会。最近の山女子ブームの火付け役か。
50’s海山倶楽部→弟と弟の嫁さんの共通の友人。ヨットとテレマークスキーをこよなく愛す。(EXCITEブログへ移動)
那須の小屋から→自分の山岳会の大先輩。70歳を越えてもなお、現役のクライマー。
エンジョイ週末君! →年中一緒に山行をする仲間。福島レロレロ会員。
とーますさんの山ブログ→ブログにいつもコメントをいただいてます。なぜか山でもニアミスばかり。
休日のページ→テレマークスキーの仲間。高所登山の研究者。山ボードとシーカヤックも達人。
Coffee Break→南蔵王を中心にアクティブに活動されてるナマステさんのブログ。情報量もピカイチ。
のんびり~な日々→福島の沢でご一緒したNONさんのブログ。別室「のんびり写真館」も必見!
odamakiの足あと日記→福島の沢でご一緒したodamakiさんのブログ。テレマーカーとのうわさも。
みどぽんのアウトドア日記→鉄山西尾根でご一緒したみどぽんさんのブログ。情報量が凄いが、とくにきのこの記事が充実。別室「同居人のひとりごと」は抱腹絶倒です。

秋田八幡平スキー場→八幡平の大自然に抱かれた小さなスキー場。シーズンの長さはピカイチ。
後生掛温泉→一泊1890円の湯治部がおすすめ。スキーの後はオンドルでまったり。
target="_blank">岩手八幡平緑ヶ丘ライブカメラ→旧八幡平スキー場前のライブカメラ。これで八幡平の天気を確認(時々、知ってる方の車が停まってることも・・)。
[PR]
by yossy1904 | 2009-10-02 23:17 | 備忘録 | Comments(0)