<   2007年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

20070415_春山訓練(刈田岳)

今月より山岳会の会員となりました。
雪山に行く機会が多くなり、しっかりした技術を身に付けたいと思ったことが理由です。

新人らしく、まずは春山訓練に参加しました。
場所は刈田岳。
KOHさんから借りたピッケルを持って歩くと、いっちょ前の岳人になった気分です。
c0081645_2050134.jpg


まずは蔵王寺からちょっと入った沢で基本の講習。
アイゼン歩行とピッケルを使った制動訓練。
一度すべりはじめると意外ととまらないものです。
講師陣から「さようなら~、ご愁傷様~」と声がかかります。
地形図を見ると、この沢は「三途の川」でした。

一通りみんな止められるようになったところで、あとみゲレンデ近くの急斜面に移動。
えっ、ここでやるの?って感じで参加者に緊張がはしります。
c0081645_2114338.jpg


しかし、さっき練習してるせいかけっこうみんな上手に制動します。
まあ中にはミニ雪崩とともに、下までズリズリと落ちるヒトもいますが。
続いてザイルを下ろし、プルージックで確保しながら下る練習。
試しにわざと落ちてみましたが、しっかりと停止しました。
最後にスタカットで登る際、アックスピレーをとり後続を確保する練習。
c0081645_21122196.jpg


見守る講師。
c0081645_21265310.jpg


カッコいいっす。
オレもいつかはこうなりたい・・・

今日、感じたこと。
・滑落は転んだ瞬間とめないと、制動不可能。
・昔、ピッケルで制動するときは足を上げると聞いたことがあるが、手足総動員でないと止まらない。
・滑落制動訓練は、お腹に雪が入って冷たい。
・滑り落ちてくるヒトは、手にピッケル、足にアイゼン、滑る凶器である。

↓くどいようですが、やっぱカッコいいっす。
c0081645_21194111.jpg


[PR]
by yossy1904 | 2007-04-15 20:04 | 山遊び | Comments(2)

20070412_月山(姥ケ岳、牛首)

移動性高気圧の好天を狙って、オープン3日目の月山スキー場へでかけました。

雪面はまだリフトの上です。
c0081645_20195760.jpg


狙い通り絶好の天気。
ゲレンデスキーの予定でしたが、ちょっと牛首まで足をのばしてみることにしました。
c0081645_2030934.jpg


牛首の上、夏、雪渓が切れるあたりから四ツ谷川源頭へ向かって滑ります。
朝日連峰の眺めが雄大です。
c0081645_20365100.jpg


どこを滑るのも自由。
c0081645_20401177.jpg


姥の雪扉下からもう1本。
c0081645_2040592.jpg


リフト乗り場まで下り、ゲレンデを眺めると・・・
c0081645_20424321.jpg


この斜面を滑る気にはなれませんでした。
[PR]
by yossy1904 | 2007-04-12 20:04 | テレマークスキー | Comments(0)

20070407-08_八幡平神社~八幡平山頂(後編)

前日の八幡平神社~ふけの湯ルートに続き、今日はふけの湯から頂上を目指します。
一晩お世話になったT沢夫妻と別れ、ひとり秋田八幡平スキー場を出発。
スキー場の裏側に、昨日の到達点である大谷地が見えます。
アスファルトを踏まないのであれば、ふけの湯温泉裏手の尾根筋をルートに選べばよさそうです。
c0081645_2137353.jpg


今日、八幡平へ登ったのはスキーヤー1人、スノーシュー1人、わんこ1匹と思いましたが・・・
c0081645_21395453.jpg


傾斜が緩やかになるころ遠くからエンジン音。
突然、目の前を3台のスノーモビルが横切っていきました。
中央付近に写ってるのが、最後尾の1台。
c0081645_21455170.jpg


山頂付近はスノーモビルの乗り入れが規制されています。
スキーで追いつける訳はありませんが、彼らを追いかけてみました。
途中、遊びまわった跡。
c0081645_2156462.jpg


雪の下に埋もれた枝など、お構いなしです。
c0081645_21573930.jpg


やがて、アスピーテライン沿いに岩手方面に走り去りました。
c0081645_229593.jpg


追跡をあきらめ、山頂経由で下ります。
重く滑らない雪ですが、広い雪原は爽快でした。
c0081645_2252021.jpg



11:15ふけの湯登山口-13:30山頂-14:10登山口

来週アスピーテラインが開通すれば、バスを利用し山頂から八幡平神社まで一気にダウンヒルも可能です。
なおネットを検索すると、1530ピークから県境沿いに北の尾根を下り、呱子(コッコ)森手前鞍部から八幡平神社へ下るルートもあるようです。
[PR]
by yossy1904 | 2007-04-08 21:20 | テレマークスキー | Comments(0)

20070407-08_八幡平神社~八幡平山頂(前編)

秋田八幡平に住む友人のT沢君から、山頂から自宅までの滑降ルートを開拓中という話を聞きました。
彼の計画では、ふけの湯温泉を経由し、切留平の八幡平神社へ出るとのこと(T沢宅は八幡平神社のすぐ近く)。
地形図を見ると、確かに上り返しも無く、車道も歩かず、降りてこれそうです。
ふけの湯~山頂はポピュラーな山スキールートなので、今回は八幡平神社からふけの湯までのルートを踏査することにしました。

まず、八幡平神社から小折ケ島沢沿いの林道を登ります。
c0081645_0292489.jpg


やがて放牧地跡に出ます。
リフトを掛けれは、そのままスキー場になりそうな斜面です。
今日のものと思われるトレースが1本。
すでに知られているコースなのか?
c0081645_0362668.jpg


ダケカンバ?皮のめくれている木が多数ありました。
c0081645_0445473.jpg


T沢夫人が「かつお節の木」と命名。
そう言われると、猫の足跡に見えてきます。
c0081645_0453073.jpg


放牧地の最上部からから松の植林地を横切ると、蛇沢沼からの登山道に出ました。
ナラの雑木林から次第に立派なブナ林と変化します。
c0081645_0533851.jpg


3時間弱で大谷地に出ました。
c0081645_0594655.jpg



指差す方向を見ると、秋田八幡平スキー場の裏斜面が見えました。
c0081645_1191964.jpg


いつもそこから八幡平頂上を目指すので、まずはルート開拓成功です。
c0081645_125184.jpg


あとはまったり昼食。
こんどは何を見つけたのでしょう?
c0081645_142655.jpg


下りは斜度が無く、黄砂まじりの雪のためちょっと苦労。
放牧地だけは楽しめました。

10:20八幡平神社-10:45放牧地-12:30ブナ林-13:05大谷地
13:30大谷地-15:00八幡平神社

下山後、T沢宅の露天風呂によばれました。
いっぺんに大人4人くらい入れそうな、りっぱなお風呂。
しかも源泉掛け流しの天然温泉!
c0081645_1162045.jpg


[PR]
by yossy1904 | 2007-04-07 23:12 | テレマークスキー | Comments(0)