カテゴリ:テレマークスキー( 195 )

軍沢岳(途中敗退)

昨年末からずっと面白山のオープンバーンを楽しんできましたが、そろそろツリーランが恋しくなり軍沢岳へ行ってきました。

仙台から2時間少々、鬼首道路の駐車帯に9時到着。
カモシカ橋から尾根に取り付きます。
道路にはシャーベット状の雪・・、登る前から気分が萎えます(笑)。
c0081645_22292453.jpg

急な尾根を1時間半ほど登ると、緩やかなブナの疎林になります。
下りが楽しみ。
c0081645_22494369.jpg

今日のリーダー、Mさん。
エベレストの経験者(未登頂)。
c0081645_22454562.jpg

そして今日の参加者。テレ×3名、山スキー×4名。
c0081645_22504388.jpg

標高1000m付近から風雪が強くなってきました。
お日様は見えてますが、天気はますます悪くなるらしい・・
c0081645_2258544.jpg

結局、標高1050m付近から引き返すことにしました。
ん~、残念。
c0081645_234868.jpg

さて、お目当てのツリーラン・・。
ところが予想以上の悪雪で、ターンもままならず。
斜滑降&キックターンでやっと下りました。
あまりに情けない姿なので、写真はかんべんしてください。


c0081645_2393691.jpg


9:09鬼首道路駐車帯-9:19カモシカ橋-10:45急登終了(標高950m付近)-11:14登高中止-12:34カモシカ橋

山頂は踏めず、下りも悪雪修行となりましたが、素晴らしいブナの尾根でした。
同行者によると「この上はもっといいのよ~」とのことなので、今シーズン中にぜひリベンジしたいと思います。
[PR]
by yossy1904 | 2014-01-26 23:22 | テレマークスキー | Comments(6)

アララギスキー場

土曜はパウダーをたっぷり楽しんだので、日曜はクロカンスキーでのんびり歩いてみました。
向かったのは大和町のアララギスキー場。
以前、リンク先のtomさんのブログをみて気になってました(2011年3月6日の記事)。


林道は除雪され、車が通った形跡があります。
スタックの不安があったので、途中に車を置きスキーで登りました。
c0081645_2342628.jpg

クロカン板に3ピン、プラブーツの組み合わせ。
かなり軽快。
c0081645_2344197.jpg

廃スキー場と思ってましたが、車が数台とまってます。
c0081645_2354422.jpg

かわいい看板。それほど古くありません。
c0081645_23472255.jpg

子供たち発見!
c0081645_23475656.jpg

誰もいない、静かな廃スキー場を想像してましたが、意外に賑やか。
リフトの替わりにお父さんがスノーモビルで子供たちを運んでました。
c0081645_23575463.jpg

近くの住民なのか、それともモビラーの家族サービスなのか・・、真相は分かりませんがこのスキー場はどうやら現役の様子でした。
[PR]
by yossy1904 | 2014-01-23 23:52 | テレマークスキー | Comments(6)

山スキー教室(朋友会)

山岳会の山スキー教室です。
場所はいつものあそこ・・。
動画は滑走シーンだけですが、ピットチェックやビーコン訓練もちゃんとやってますよ。



参加者はみなさんゲレンデでしっかり練習してるので、ぜんぜん初心者に見えませんね。



<反省>
おなじ斜面を一緒に滑っちゃいけません。
[PR]
by yossy1904 | 2014-01-19 22:16 | テレマークスキー | Comments(2)

電車で1時間のバックカントリー

雪国で育ったので、子供のころは冬の遊びといえばスキー。
放課後、近くの段々畑で暗くなるまで遊びました。

日曜はガキ大将の先導で、少し離れた山へ遠征。
植林地の一角に杉苗を植えた場所があり、子供たちの格好のスキー場になっていたのです。
一列になり交代でラッセル。
シールなどありませんからハの字、ニの字で杉林を登っていきました。

それから半世紀・・、おっさんになりましたが子供の頃と同じ事やってます。
ちょっと進歩したとすれば、電車を使ったことでしょうか?

動画は昨日。
期待したほどの新雪はありませんでしたが、童心に帰り雪まみれになって遊びました。


[PR]
by yossy1904 | 2014-01-12 14:03 | テレマークスキー | Comments(2)

今年のお正月は銭川温泉

弟に誘われ、お正月を八幡平の自炊宿で過ごしました。
いつもは後生掛温泉で年を越していましたが、今年は個室がとれなかったので銭川温泉に変更。

国道から谷に下った沢沿いの一軒宿・・、素朴でいい雰囲気です。
c0081645_23205228.jpg

こじんまりとした玄関とロビー。
このあと、おばあちゃんが笑顔で迎えてくれました。
c0081645_2324854.jpg

メンバーは弟一家4名、弟のテレマーク仲間3名、そして私と妻(1日だけ私の次男も)。
テーブルに並ぶのは馬肉の煮付け、鶏鍋、けの汁・・。
どれも鹿角地方でよく食べられる料理です。
c0081645_23285423.jpg

鍋に入っていた見慣れないキノコ、聞いてみたらタマゴタケとのこと。
あの姿から想像できない美味しさです。
c0081645_2336325.jpg

近くの後生掛温泉を定宿にしているので、つい比較してしまいます。
銭川温泉は後生掛と同様にオンドルですが、あまり暑くありません。
むしろ最初は厚着ぐらいが丁度いい感じ・・、でもお尻からじんわりと温かくなってきます。
お風呂は透明で優しい温泉、宿のHPによると含ホウ酸食塩泉とのこと。
後生掛温泉は「湯治村」と称するように規模の大きな宿ですが、こちらは家族経営の小さな宿。
そのため、とてもアットホームな雰囲気です。
話し好きのおばあちゃん、おかみさん?、娘さん?の女性3名が暖かく迎えてくれるので、一度泊まればリピーターになること請け合いです。
http://www.zenikawa.net/
https://www.facebook.com/zenikawa
c0081645_10441297.jpg

宿はアスピーテラインの入口付近にありますが、10分ほどで秋田八幡平スキー場に行けます。
妻が一緒だったので山には入らずゲレンデ練習・・。
でもすぐに飽きたので、同宿のテレマーカーと林間へ。
NAOさん。
c0081645_23483221.jpg

T岡さん。
c0081645_23541737.jpg

Iさん。
c0081645_23544634.jpg

ちょっと重かったけど、ふわふわのパウダーはたのしかった~!
[PR]
by yossy1904 | 2014-01-04 00:18 | テレマークスキー | Comments(8)

2013.12.22_裏山パウダー~面白山高原

今年も幸い残念なことに面白山高原スキー場は再開しませんでした。
とりあえずゲレンデの状況を視察するため、面白山BC倶楽部のTさんと出かけてみました。

ここはかつて「全国で唯一鉄道でしかいけないスキー場(wiki)」として有名でした。
もちろん今も電車でしか行けません。
Tさんと作並駅で待ち合わせ、8時54分に乗車。
この電車は面白山高原駅に止まらないので、山寺で上りに乗り換えます。
c0081645_10472450.jpg

駅でスキーを履き、そのまま登りはじめます。
久々の面白山高原バックカントリー。
c0081645_10535186.jpg

積雪は豊富で、ゲレンデ下部にブッシュが残るものの、滑るには問題無さそう。
しかし・・、雪が重くラッセルがきつい。
c0081645_10565081.jpg

ドルフィンを登ります。
ゲレンデ上部は若干、雪が軽い感じ。
c0081645_10584987.jpg

それでもラッセルはきつい・・。
ブナ林を眺めながら一休み。
c0081645_1115755.jpg

ゲレンデトップはこの積雪。
c0081645_10595150.jpg

やはり雪が重く、浅いターンで下りました。
c0081645_1151718.jpg

少々残念なパウダーでしたが、久々の浮遊感に満足。
c0081645_1142129.jpg

2本目はドルフィンを滑りましたが、こちらは直滑降。
曲げると止まってしまう雪なのです・・。
そのまま駅に滑り込んで本日終了!
c0081645_11114148.png


※面白山高原スキー場は、現在営業していません。滑走は自己責任で!
※過去に雪崩が発生しています。ビーコン・プローブ・シャベルの3点セットは必携!それと、訓練された信頼できる仲間も!
[PR]
by yossy1904 | 2013-12-22 23:35 | テレマークスキー | Comments(10)

20131123-24_秋田八幡平

スキー場のオープンに合わせ、秋田八幡平で初すべりを楽しんできました。

土曜の6時に仙台を出発、鹿角のスーパーできりたんぽの食材を揃え10時半にスキー場着。
思いのほか雪が多く、リフトも動いていたのでゲレンデ練習。
c0081645_23432382.jpg

c0081645_23434118.jpg

久々に味わう雪の感触は最高でしたが、足がついていかず早々と温泉に移動。
宿はいつもの後生掛温泉自炊部です。
オンドルできりたんぽ鍋を囲み、シーズン開幕を祝いました。
c0081645_23442533.jpg

翌日は天気も良く、八幡平山頂ツアーに出かけました。
c0081645_034316.jpg

まだ笹が埋まりきらないため途中までアスピーテラインを歩き、標高1400m付近から登山道へ。
オオシラビソは雪を纏い、間もなく樹氷原になりそうな雰囲気です。
c0081645_23452986.jpg

途中まで車道を歩いたため、田代沼でお昼となりました。
せめて藤助森までと思いましたが、シーズン最初でもあり無理をせずここで引き返します。
c0081645_23461184.jpg

帰りは自分たちのトレースを下りましたが、途中でクマの足跡発見!
c0081645_23465377.jpg

良く見ると、我われの後を追うように、スキーのトレースを登ってきたようです。
ラッセル泥棒は人間だけではないようですね。
c0081645_23472462.jpg

しかしこの季節、標高1400m付近でクマが活動してるとは思いませんでした。
[PR]
by yossy1904 | 2013-11-25 22:57 | テレマークスキー | Comments(12)

20130525_鳥海・祓川コース

久々の鳥海山。
快晴、無風で最高のコンディション。
雪はザラメになりかけででこぼこ。
ところどころクラックが入り、かなり苦労しました。
メンバーは、テレマーク×3、山スキー×1(朋友会)。
c0081645_0434334.jpg

DMC-TZ30で初めて動画撮影しましたが、液晶が見辛くまともに撮れませんでした。
晴れた日はなにか工夫が必要ですね(フードとか・・)。
かろうじて撮れたところだけつなぎ合せましたが、超ショートバージョンとなりました。




この日、山スキーで参加したTさん、朋友会の女性会員ではもっとも若手。
われわれテレマークおやじ3人組の目標は、彼女をテレマークの世界に引きずり込むこと・・

[PR]
by yossy1904 | 2013-05-25 00:24 | テレマークスキー | Comments(4)

八甲田ツアー 2013

悪天候に悩まされた今年の八甲田ツアー。
最終日だけ快晴となり、南八甲田のマイナールートを楽しんできました。

4月27日 悪天候のため山行は中止、東八甲田家族旅行村で宴会
4月28日 変則箒場岱ルート(宮様コース→大岳避難小屋→箒場岱)
4月29日 睡蓮沼→猿倉岳→乗鞍岳→赤倉岳→蔦温泉

それではレポートでも・・。


27日(土)

仙台を出るころは晴れてましたが、北上するにつれ天気は下り坂。
しかし、それ以上に気になることが・・。
ハイエースの前輪周りからガラガラと異音発生!
十和田市のトヨタで点検してもらうと、フロントハブベアリングが両輪とも交換必要とのこと。
「この状態で仙台まで帰るのはムリですよ~。けどパーツは連休明けじゃないと入ってこないんですよね~」
じぇじぇじぇ!!
でも、なんとか手配してもらい29日までに修理可能となりました。

青森から駆けつけてくれたkitchanさんのサーフに荷物を移しほっと一息。
このトラブルで時間をとられ、また天気も悪いことからこの日は停滞に決定。
急遽「東八甲田家族旅行村」に移動、ケビンハウスを借り昼から宴会となりました。。
c0081645_22304121.jpg

ところでテーブル中央に注目。
本日の食担、bauaさん特性のパエリヤ。
平内産のホタテ入りです。
c0081645_22362724.jpg



28日(日)

酸ヶ湯で車中泊中の友人に電話すると、山にはガスがかかり風が強いとのこと。
おまけに9時まで酸ヶ湯~谷地温泉が通行止め。
この日は南八甲田を予定してましたが、北八甲田・箒場岱コースに変更。

ゴンドラを降りると、季節が逆戻りしたような光景。
c0081645_2256348.jpg

予想以上の風とガスで井戸岳の稜線はヤバイかも・・、ということで宮様コース経由箒場岱コースに再変更。
田茂萢岳から寒水沢源頭に下り、ここでシールを付けて大岳ヒュッテに向かいます。
c0081645_2317692.jpg

大岳ヒュッテは凍りついてました。
c0081645_238254.jpg

山小屋は天国。
けっこう混んでました。
c0081645_2312274.jpg

井戸岳を巻いて箒場岱コースを目指します。
前の人を見失わないように・・。
c0081645_23134526.jpg

やっとガスの下に出ました。
正面は雛岳。
c0081645_23192555.jpg

今年は雪が多いですね~。
道路まで雪が繋がってました。
c0081645_23203545.jpg

記録はヤマレコ参照!

http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-292910.html


29日(月)

前夜の宿泊は鯵ヶ沢オートキャンプ場。
岩木山、弥生コース&長平コースを予定してましたが、またもや通行止め情報。
除雪のため昼までスカイラインが閉鎖とのこと。。
すごすごと八甲田に戻りました。

ところが睡蓮沼に着くころ、快晴に。
これを逃す手はないと、乗鞍岳~蔦温泉にチャレンジすることにしました。

睡蓮沼から稜線までは去年歩いたルート。
そこからいったん下り、乗鞍岳へ。
c0081645_23443483.jpg

山頂でシールを外します。
ここから蔦温泉まで一気に行きますよ~。
c0081645_23474584.jpg

では乗鞍と赤倉の滑降シーンでもごらんください。



満足満足。
c0081645_7203932.jpg

コース終盤はブナの台地。GPSとコンパスを駆使し慎重に下ります。
クマの爪跡?
c0081645_23543695.jpg

沼地への急斜面もなんとかスキーを外さずに下れました。
c0081645_23584486.jpg

雪は菅沼まで繋がってました。やはり今年は雪が豊富ですね~。
c0081645_00763.jpg

温泉からは路線バスで睡蓮沼に戻りました。

記録はヤマレコを!

http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-292916.html
[PR]
by yossy1904 | 2013-04-30 23:34 | テレマークスキー | Comments(10)

2013.3.9大戸沢岳

以前から会津駒方面を滑ってみたいと思ってましたが、弟のガイドでやっと実現しました。
今回は1日だけなので一押しのコースを頼んだところ、弟が選んだのは大戸沢岳。
会津駒のお隣さんで、夏道が無いためあまり知られてませんが(?)、標高2089m・・なかなか堂々とした山です。

入山は大戸沢スノーシェッドから。
尾根の取り付きは急なので、小沢から入りトラバース気味に尾根に出るのがコツ。
2時間ほどは急な登りで息が上がります。
c0081645_0393756.jpg

尾根の北側はどこからドロップしても楽しそうな斜面。
でも、今日は向こうのスカイラインを滑ります。
c0081645_041457.jpg

三岩岳を眺めながら1本立てます。
写真を見ながらふと思いました。
子供のころ、弟とおそろいの服を着せられるのがとてもいやだったな~。
スキーが一緒なのは気になりません。
c0081645_048795.jpg

やせ尾根を過ぎると無木立の一枚バーン。
急登ですが、下りを思うとピッチが上がります。
c0081645_052352.jpg

山頂直下の木の下でシールを外します。
c0081645_054663.jpg

いよいよドロップ!
滑走シーンは動画をごらんください。
モナカ&ストップ雪のダブル攻撃を受け、かなり苦戦しました。


ところで三岩岳の中腹に気になるものが・・。
c0081645_059399.jpg

アップすると、最近のものと思われる破断面。
c0081645_11738.jpg

大戸沢まで下ると、大雪崩の痕跡。
c0081645_125630.jpg

デブリは少ないが、沢から10mほどの高さまで木が倒れてます。
凄まじいほどの破壊力。。
c0081645_132283.jpg

今年はどこの山も大雪なので、これからのシーズンは全層雪崩に十分注意が必要だと思います。

記録、GPSのトラックはヤマレコを参照願います。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-275878.html
[PR]
by yossy1904 | 2013-03-09 00:22 | テレマークスキー | Comments(6)