20080721_大行沢

「天国のナメ」と称され、人気の大行沢。
昨年一度遡行してますが、下流部の岩屋付きF2で上がったためナメは見てません。
今回はこのF2から入り樋ノ沢避難小屋までのルートを遡行しました。
相方は山岳会に同期入会、気心の知れたT畑さん。
お互い沢登りは2シーズン目、そろそろ独り立ちしたい年頃??

F2からF3までの間は巨岩帯。
へつりも臍あたりが数箇所、胸までが1箇所で特に困難なところもなく結構たのしめました。
c0081645_21515542.jpg

2段12mのF3は、普通の沢屋さんには問題のない滝だと思いますが・・・
なぜか途中で進退極まり、
ワタシ「T畑さん、お願いぃ~、ローブ下ろしてぇ~」
T畑さん「えっ、支点ないっすよ~!」
仕方なく、泣きながら登りました。
怖かった・・・(写真撮る余裕なし)

F3を越えるとしばらくゴーロ帯が続きますが、やがてナメに。
c0081645_2242723.jpg

楽しい遡行は意外にあっけなく終わり、やがて樋ノ沢小屋が見えてきました。
小沢から登山道に上がってもよさそうですが、せっかくなので8mナメ滝に挑戦。
まず水流左からとりつきますが、ホールドスタンスが少なく、フリクションで登るような斜度でもなさそう。
c0081645_2291498.jpg

今度は右から。
上部はやはり手がかりが少なくなりますが、斜度が緩くなるので「エイ、ヤッ」で駆け上がりました。
c0081645_22172267.jpg

落ち口から下をのぞくと・・・
やっぱり「怖わ~」
c0081645_2218317.jpg

まだまだナメは続きますが3m小滝で終了、小屋で上がることにします。
ちなみに樋ノ沢避難小屋、トイレがありません。
ここから上がるとティッシュのお花畑。
地雷を踏まないように注意。
c0081645_22215933.jpg


今日のルートは変化に富みとても楽しい遡行となりましたが、意外なことに「天国のナメ」はあっという間に終わってしまいました。
稜線までナメが続くとのことなので、次回は樋ノ沢小屋上流に挑戦してみたいと思います。

8:00大東岳登山口~(登山道)~8:30入渓(F2上部)~9:55京渕沢出合~13:30樋ノ沢小屋~(登山道)~15:30登山口
[PR]
by yossy1904 | 2008-07-21 22:29 | 岩・沢 | Comments(6)
Commented by beke at 2008-07-23 00:25 x
良い景色と、良い表情。沢を堪能しているようですね。次回は一緒に参加させてもらいます。よろしく。
Commented by Clearwater0606 at 2008-07-23 20:23
清冽な流れですねえ。圧倒的ですらありますね。残念ながら高所恐怖症なので私にはちょっと無理ですが、魅力的な世界ですね。
Commented by utinopetika2 at 2008-07-23 22:28
膝も回復したようですね。
大行沢はホントいい沢です。
僕も出かけたいのですがねぇ~。
Commented by yossy1904 at 2008-07-23 23:01
bekeくん
大行沢は噂に違わず、変化に富んで楽しい沢でした。
今度は一緒にね!
ところで、来週の二口沢もナメが多いらしいです。
楽しみですね。
Commented by yossy1904 at 2008-07-23 23:08
cleawaterさん
cleawaterさんとは、フネと沢靴の違いはありますが、同じフィールドで遊ぶ仲間だと思ってます。
100万都市で清冽な流れを楽しめるのは幸せですね。
Commented by yossy1904 at 2008-07-23 23:15
utinopetikaさん
大行沢はいい沢ですが、ネックはF3の12m滝。
経験者ならなんでもない滝ですが、初心者には少し緊張を強いられます。
特に下段の滝はロープを出すにも支点がとれない・・・
経験者同伴なら、ノープロブレム。
<< 20080727_二口沢本流 20080713_芝草平 >>