20070415_春山訓練(刈田岳)

今月より山岳会の会員となりました。
雪山に行く機会が多くなり、しっかりした技術を身に付けたいと思ったことが理由です。

新人らしく、まずは春山訓練に参加しました。
場所は刈田岳。
KOHさんから借りたピッケルを持って歩くと、いっちょ前の岳人になった気分です。
c0081645_2050134.jpg


まずは蔵王寺からちょっと入った沢で基本の講習。
アイゼン歩行とピッケルを使った制動訓練。
一度すべりはじめると意外ととまらないものです。
講師陣から「さようなら~、ご愁傷様~」と声がかかります。
地形図を見ると、この沢は「三途の川」でした。

一通りみんな止められるようになったところで、あとみゲレンデ近くの急斜面に移動。
えっ、ここでやるの?って感じで参加者に緊張がはしります。
c0081645_2114338.jpg


しかし、さっき練習してるせいかけっこうみんな上手に制動します。
まあ中にはミニ雪崩とともに、下までズリズリと落ちるヒトもいますが。
続いてザイルを下ろし、プルージックで確保しながら下る練習。
試しにわざと落ちてみましたが、しっかりと停止しました。
最後にスタカットで登る際、アックスピレーをとり後続を確保する練習。
c0081645_21122196.jpg


見守る講師。
c0081645_21265310.jpg


カッコいいっす。
オレもいつかはこうなりたい・・・

今日、感じたこと。
・滑落は転んだ瞬間とめないと、制動不可能。
・昔、ピッケルで制動するときは足を上げると聞いたことがあるが、手足総動員でないと止まらない。
・滑落制動訓練は、お腹に雪が入って冷たい。
・滑り落ちてくるヒトは、手にピッケル、足にアイゼン、滑る凶器である。

↓くどいようですが、やっぱカッコいいっす。
c0081645_21194111.jpg


[PR]
Commented by utinopetika2 at 2007-04-17 07:35
みなさん頼もしいです。
こんな方々との登山だったら、何処に行くのも怖くないですね。
昔、雪山での滑落制動はアイゼンを引っ掛けないよう靴を上げるのが基本でしたね。
変わったのでしょうね。
朴も土日に休みが取れたら、もう一度山岳会に入りたんのですがねぇ~。
無理だなぁ~。
Commented by Yossy at 2007-04-17 23:52 x
紫メットの講師はワタシと同年齢とか。
服の上からでも上半身が逆三角形なのがわかります。
それにひきかえ、メタポ中年のオレときたら普通に三角形だし・・・
by yossy1904 | 2007-04-15 20:04 | 山遊び | Comments(2)

裏山パウダーと花の山旅


by yossy1904
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30