2006/5/2 八幡平焼山

鹿角の実家は、ロケーション的に山スキーの格好のベースとなる。
なにしろ八甲田に1時間半、八幡平なら4~50分で行けちゃうから・・

朝、準備しているとパラパラ雨が降ってきたが、とりあえず南の空が明るかったため八幡平へ。

焼山の登山口は、後生掛温泉の渡り廊下。湯治客の視線を背中に感じながら登り始める。
c0081645_22482581.jpg


国見台が見えてくるころ、八幡平上空だけ快晴になってしまった。
c0081645_22512179.jpg


厳冬期、この斜面はパウダー天国になるとか。
c0081645_22531638.jpg


国見台と焼山の間にあるピークから、玉川に向かって滑る。
c0081645_2301791.jpg


とても快適な斜面だが、ブナ林に入ったとたんブレーキ、見事に前ゴケしてしまった。
林道に出たところで東へトラバース。後生掛温泉に向かう夏道沿いに登る。
c0081645_2381987.jpg


途中からほとんど勾配が無くなりガスってたり吹雪の時は、迷いそうな地形。
いいかげん飽きてきたころ、泥火山に出た。
c0081645_23133493.jpg


大湯沼を過ぎるとまもなく後生掛温泉へ。
c0081645_23155584.jpg



10:00後生掛温泉-11:15国見台-11:45栂森南の1350ピーク-林道
13:10昼食後、林道発-14:50泥火山-15:10後生掛温泉
焼山南面は快適なコースだが、だらだりした登り返しが飽きてしまう。
[PR]
by yossy1904 | 2006-05-02 21:48 | テレマークスキー | Comments(0)
<< 2006-5-4 南八甲田 profile >>