20150307-9_八幡平&森吉

昨年から準備を進めてきた早春の八幡平、せっかく北へ向かうので森吉も加え3日間の山行を楽しみました。

c0081645_20519100.jpg


※記録はヤマレコに登録しました。

八幡平(3/7~8)
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-599084.html
森吉山(3/9)
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-599128.html





3月7日(安比→八幡平)

5時、仙台を出発し8時前に安比スキー場到着。
ゴンドラで前森山経由で西森山のコルに下ります。
ここでシールを装着し、お約束のビーコンチェック。
c0081645_20123722.jpg

恵比寿森までの尾根は小さなアップダウンが続きます。
この日はロングルート、体力温存のため小ピークはできるだけ巻きました。
茶臼の巻きは「61番」で右に折れ等高線沿いに進みます。
c0081645_20195583.jpg

源太森は南側を通ると少し登りが節約できます。
やがて八幡沼の広大な湿原。
と書くと簡単に来たようですが、6時間の登りは長かった・・
c0081645_20241135.jpg

今夜の宿、陵雲荘到着。
c0081645_20245941.jpg

中に板を運ぶと、アウトドアショップの店内みたい。
朋友会にもファット&ロッカーの波が押し寄せてますね。
c0081645_20261014.jpg

この日は他に宿泊者は無し。
床に銀マットを広げ、ストーブの前で宴会となります。
薪はリーダーのbeke君が夏の間に持ち上げてくれました。
c0081645_20285978.jpg



3月8日(八幡平→安比)

薪は朝まで持ち、ぬくぬくと夜を過ごすことができました。
朝食後、空身で八幡平山頂へ向かうとちょうど御来光が。。
グッドタイミングです。
c0081645_20331986.jpg

地表のガスが取れてくると、岩手山の山頂が見えてきました。
c0081645_20344965.jpg

小屋で荷物を持ち下山開始。
勇気あるメンバーは八幡沼の上を、心配な人は上を歩きます。
c0081645_20372232.jpg

源太森の南側、この辺だけ樹氷が残ってました。
岩手山が雲海の上に浮かんでます。
c0081645_20392645.jpg

このルートで唯一滑りを楽しめる源太森の下り。
c0081645_2042270.jpg

黒谷地で再びシールを装着、ゆるゆると登ると茶臼の大斜面が見えてきました。
あそこを滑りたい~!
後ろ髪を引かれる思いで安比に戻りました。
c0081645_20442539.jpg



3月9日(阿仁スキー場→旧森吉スキー場)

月曜ですが、この日は代休。
森吉に行きたいと言うと、平日にもかかわらず4人が同行してくれました。
宿は以前から気になっていたテレマーク山荘
前日、山荘に着くと女性オーナーとご主人(らしき方)が出迎えてくれました。
このご主人、とても気さくで知人のように声をかけてきます。
荷物を整理すると、さっそく宴会。
オーナーの手料理が並び、楽しい夜になりました。
c0081645_20585871.jpg

翌朝、ご主人の車で阿仁スキー場まで送ってもらいました。
ここでアクシデント発生、強風でゴンドラが動かないとのこと。。
まあ、楽しようとしたのがマチガイ、シールを着けてゲレンデを登ります。
c0081645_212340.jpg

ゴンドラ山頂駅で休憩。
係りの方が、
「あや~、テレマークさ泊まったのが、分がってればオラも行ったのになぁ」
どうやら山荘に宿泊者が居ると、お仲間が集まるらしい・・・
c0081645_2151771.jpg

石森に上がると風はそれほどでもなく、ガスも山頂付近のみ。
行けそうですが、スキー場で山頂アタックは固く止められたので、おとなしく一ノ腰に向かいます。
神社の避難小屋で昼食。
山荘で持たせてくれた焼きオニギリがうまい!
c0081645_21102856.jpg

一ノ腰から旧ゲレンデに下ると、広々とした大斜面。
表層が溶けた雪は滑りやすく、かっ飛ばしましたよ・・、最後は妖怪板掴みにやられましたが。
c0081645_21141849.jpg


ところで山荘に電話した際、詳しくは宿のブログを見てと言われましたが、ググってもなかなかヒットしません。
やっと探したのは以下のアドレス。
お勧めの宿なので、興味ある方はぜひごらんください。
http://blogs.yahoo.co.jp/shouji1003_0209
[PR]
by yossy1904 | 2015-03-12 21:19 | テレマークスキー | Comments(6)
Commented by Clearwater0606 at 2015-03-14 18:55
素晴らしいお写真の数々ですね。見入ってしまいました。ナイスです。
Commented by yossy1904 at 2015-03-15 17:56
Clearwaterさん、ありがとうございます。
でも、とても写真ではとても表現できないような絶景だったんですよ。
Commented by とーます at 2015-03-17 10:06 x
素晴らしい天気!
特に2日目の地表のガスが何とも言えずきれいです。
うらやましい。
Commented by yossy1904 at 2015-03-17 16:36
とーますさん
冬に限らず陵雲荘の朝はとてもきれいです。
沼と湿原がいろいろな表情を見せてくれます。
Commented by morino1200tb at 2015-03-18 23:14
良い小屋、良い景色、良い宿・・・いいなー!
一度行ってみたいところですね。
Commented by yossy1904 at 2015-03-22 20:28
morinoさん
陵雲荘は上のコメントに書いた通り、夏冬通してすばらしい小屋だと思います。
また、森吉のテレマーク山荘も一度泊まると常連さんになってしまう危険があるのでご注意をww。
<< カタクリが咲き始めました(県民の森) 20150228_鉄山西尾根(... >>