東北雪崩講習会

毎年参加している東北雪崩講習会
鈴木講師(ビーコンコース)や事務局が山岳会の仲間なので、今年からスタッフで参加することになりました。

前日、たっぷり絞られてレクチャーを受けていよいよ講習会当日。
ワタシは雪質観察・弱層テストコースで小関講師のお手伝い・・、スタッフというよりほとんど受講生状態でしたが(汗)。

講習はまず、積雪断面観察から始まります。
受講生が力を合わせ掘り出した断面で、雪面から地面までの積雪状態を観察。
c0081645_21483494.jpg

雪温は10cm毎に観測。
雪面は外気温に近い温度を示しますが、地面に近づくにつれ0℃に近くなります(温度勾配)。
続いて層毎の雪質観察。
刷毛を使うと、雪の層がはっきり浮き出てきます。
c0081645_21545622.jpg

層毎の雪の結晶をルーペで観察。
c0081645_2231722.jpg

こんな感じで結果を記録し、受講生に断面観察シートを作成してもらう予定でしたが、雪で紙が濡れるためスタッフが代表で記録。
後日、このような(↓)シートをみなさんに送付します。
c0081645_21511715.jpg

次にルッチェブロックテスト。
こんな便利な道具があるんですね(ルッチェブロックコードで背面を切断)。
c0081645_22245591.jpg

スキーで飛んでも崩れず、つぼ足でジャンプ。
c0081645_22323534.jpg

結局スクラムジャンプで不完全ながらやっと崩れました。
c0081645_22354715.jpg

破断面はルッチェブロックコードで切断した面。
c0081645_22353234.jpg

ここまでは全体講習でしたが、以降は班毎の講習。
まず、おなじみ(?)シャベルコンプレッションテスト。
ワタシの班は初心者だけなので、スノーソーでの切り出し方から指導。
c0081645_22423427.jpg

講師の実演では60cmほどできれいに崩れました。
従来の判断基準(CTV~CTN)に加え、最近は滑り面の観察も行い、総合的に評価するとのこと。
c0081645_2253343.jpg

このあと受講生に一人ずつやってもらいましたが、面白い結果となりました。
20mほどの幅で展開しテストしたら、左端はCTN(剪断しない)だったのに、右端はCTV(切り出してる最中に剪断)。
こんな近くでも、少しの地形の違いでまったく異なる結果となりました。

昼食後、雪庇断面観察。
今日はもう、何度雪を掘ったことでしょう。
でもV字コンベアベルトが板についてきましたね。
c0081645_235724.jpg

いつも使う場所ですが、今年はあまり風が吹かなかったのか、雪の層が巻いてません。
例年なら、巻いた雪の中に空洞まで観察できるようですが。
c0081645_2371911.jpg

観察用に2箇所掘り出したので、それを利用しスクラムジャンプテスト。
でも雪の層が期待ほど立ってないため、残念ながらくずれませんでした。

音を消して見ると、すこし笑えます。

最後に選択講習でビーコン捜索訓練を行い、これで終了!
・・と思ったら、受講生から埋没体験のリクエスト。
全身を埋めるにはトランシーバーやゾンデなどの準備が必要なので、今日は頭を出す「簡易式」でがまんしてもらいました。
でも、これでも胸が圧迫され息苦しくなります。
体は動かないし、だんだん冷えてくるしで、埋没の恐怖は十分体験できます。
c0081645_23223786.jpg

盛りだくさんのカリキュラムをこなし、最後のミーティング終えたのは3時半過ぎ。
疲れました・・。
でも、ワタシの班の方は、
「いい雪なので、裏の山をハイクアップして一本滑ってきます!」
ほんとにパウダーが好きなんですね。
受講生のみなさん、とても熱心で元気な人たちでした。
[PR]
by yossy1904 | 2012-02-26 21:28 | テレマークスキー | Comments(12)
Commented by utinopetika2 at 2012-03-01 00:24
お疲れ様でした。
今シーズンは雪崩れの記事を拝見することが多く、すこしビビッています。
一度きちんとレクチャ受けたいですね。
Commented by odamaki at 2012-03-01 20:22 x
お世話になりました。
7時集合だったので長い一日かなと思っていましたが
盛り沢山の内容であっという間でした。
雪を掘って掘って・・・もちろん筋肉痛でした^^;
Commented by B.C. at 2012-03-01 21:57 x
鈴木講師、小関講師・・・皆さん、まだまだ現役ばりばりですね・・・
本当に懐かしいです。
スクラムジャンプテストは、くすり・・・としてしまいました(笑)
Commented by yossy1904 at 2012-03-01 22:09
utinopetikaさん
バックカントリースキーヤー&ボーダーだけでなく、雪山のアクティビティを楽しむヒトには雪崩の知識は必須だと思います。
来年もこの時期に開催することが決まりましたので、ぜひ受講してください。
最近はすぐに定員いっぱいになるらしいので、お早めに・・。
Commented by yossy1904 at 2012-03-01 22:11
odamakiさん
お疲れ様でした。
でも楽しかったでしょ?
来年はぜひビーコンコースを受けてくださいね。
S講師もさらにバージョンアップを画策してるようです。
Commented by yossy1904 at 2012-03-01 22:31
B.C.さん
さすが顔が広いですねー。
キャリアを感じさせます。
スクラムジャンプテスト・・、みなさんまじめにやってるんですが、やはり笑っちゃいますね。
Commented by torasan-819 at 2012-03-02 07:55
お疲れ様でした。
我が会の和○さんも雪質観察コースの講師の予定でしたが、急遽講師ができなくなったようです。
ところで動画の真ん中は我が会の河○さんではないですか(笑)
来年は参加するようにしたいと思います。
yossy講師よろしくお願いします!
Commented by yossy1904 at 2012-03-03 18:42
torasanさん
和○さんはご病気(帯○○○)で残念ながらキャンセルとなりました。
お会いしたかったですね~。
スクラムジャンプテストの方もtorasanさんの仲間ですか。
そういえばブログによく登場されますね。
来年はtorasanを含め登高会三羽烏(古い?)揃い踏みでご参加を!
Commented by Toby at 2012-03-05 21:09 x
はぢめまして。
ときどきブログ拝見していたのですが、自分が登場していてうれしくなってしまったので初コメさせていただきます。スクラムジャンプでもがいていた右から2人目のものです。当日はたいへんお世話になりました<(_ _)>
初めての実地の講習会、すっごく参考になりました。あんなにスコップ使ったの生まれてこの方はぢめてでした。もちろん数日筋肉痛に悩まされました(^_^;)
来年も講習会受講しようと思っていますので是非是非これからもよろしくお願いします。
Commented by yossy1904 at 2012-03-05 23:49
Tobyさん、先週はお疲れさまでした。

>来年も講習会受講しようと思っていますので
こんどはビーコン捜索コースはいかがでしょう?
雪質観察・弱層テストコースは理論や観察が主体ですが、ビーコン捜索コースは体育系の講習です。
掘って掘って、堀まくります。
10分以内に掘り出さないと、鈴木講師から怒号も飛びます。
でも終了後の達成感は保証しますよ。

ところで、山でお会いした方のブログをいつもリンクさせていただいております。
”Toby's blog”も勝手に追加しましたのでご勘弁ください。
Commented by NON at 2012-03-07 23:56 x
このような、雪崩講習会に一度参加してみたいです。

Commented by yossy1904 at 2012-03-08 22:31
NONさん
バックカントリー(山スキー)をされるなら、やはり必要な講習です。
関東でも開催されてると思いますが、せっかくなので東北で受講されたらいかがでしょう。
来シーズンの机上講習が11月25日、実習が2月24日に決まりました。すぐ定員一杯になりますので、今から予定してください(^ー゚)ノ
<< いい天気でしたね。 20120222_八幡平 >>