来年の沢登りに向けトレーニング 丸森

さきほど東北雪崩講習会の案内を投稿しましたが(↓↓)、講師のSさんから丸森での岩トレに誘っていただきました。
山と渓谷社の「フリークライミング 日本100岩場・1 北海道・東北」を見ると、丸森のところに開拓者としてSさんの名前が記載されてます。四季を通じて幅広く活躍されてる方なんですね。

今回の岩トレの目的は、来シーズンの沢登りに向けた練習です。
内容はフリクションの感覚を養うためのスメアリング、滝の落ち口などで必要となるマントリング、それとカウンターバランス(体の振り)。
不動尊キャンプ場近くの大岩ボルダーで行いました。

まず45度ほどの傾斜を持つスラブでスメアリングの練習をします。
その前に金ブラシとデッキブラシで苔の掃除・・。
c0081645_2320428.jpg

きれいになったところで、先生の模範演技。
45度ほどのスラブ面ですが、慣れれば手を使わず登れるそうです。


ひょいひょいと登るので楽そうに見えましたが、とりついてみるとスラブ面にはホールドもスタンスも見当たらず、ついへっぴり腰に。
c0081645_23213637.jpg

ところで今回の岩トレのためにクライミングシューズを購入しました。
履いてみるとびっくりするほどのフリクション。
その違いをごらんください。

モデルはBauaくん。登山靴で悪戦苦闘してます。


試しに、私のシューズを履いてもらいました。

ちなみにいちばん左を登っているNさんは、フェルトの沢靴。こちらも苦戦です。
bekeくんも沢靴でしたが、アクアステルスなのでクライミングシューズに遜色ないフリクションを見せてくれました。

午後はマントリングの練習。
技術も筋力もないわたしたちには手におえない課題でした。
c0081645_23221310.jpg

それでも身軽なI君やTさんはもうすこしでクリアできそうです(I君は革靴!)。



この日は朝方の曇り空が次第に回復。
やわらかい日差しの中、岩の感触を楽しみながら気持ちのよい汗を流しました。
次回は打上岩とか・・、今から楽しみです!

ヤマレコ→http://www.yamareco.com/modules/yamareco/grpinfo-456.html
[PR]
by yossy1904 | 2011-11-03 23:12 | 岩・沢 | Comments(8)
Commented by とーます at 2011-11-06 12:00 x
おーボルダリングですね!
ホールドもスタンスも無い45度の斜面を登るとは恐ろしい。
Commented by torasan-819 at 2011-11-06 17:09
こちらの会でも丸森での岩トレの話が出ていますが、今月末あたりになりそうです。
それにしてもマントリングなどはハナから無理です~
Commented by yossy1904 at 2011-11-06 21:39
とーますさん
最初はこんなところ、登れるわけないと思いましたね。
左のクラックに逃げてなんとかクリアしましたが、最後は岩のわずかな凹凸をひろいながらワンフィンガーでバッチリでした。
ロープに引っ張ってもらったという噂もありますが(汗)。
Commented by yossy1904 at 2011-11-06 21:41
torasanさん
次回は23日を予定してます。
なんか白石の某会も来るような話もあり、あの方やあの方と会えるのかな~、なんて想像してます。
冬は岩が乾燥するので、登りやすいそうですね。
Commented by NON at 2011-11-07 10:18 x
スラブは苦手です。体重の掛け具合が掴めず、ズルズル・・・・
クライミングシューズだと、摩擦がきくので何とか登れる感じですかね~
11月はクライミングに最適な季節、岩登りしたい~と一人で騒いでおります。
しかし、こればかりは相手がいないことにはねぇ~!!
Commented by yossy1904 at 2011-11-07 21:16
NONさん
丸森は宮城でも特に暖かいところなので、この時期の岩登りは爽快です。
今回はボルダーですが、次回は本格的なフリークライミングのルートらしいので、今から楽しみです。
Commented by morino at 2011-11-07 23:18 x
ヒェー、高所恐怖症の私には無理ですねー。(T.T)
Commented by yossy1904 at 2011-11-11 21:37
morinoさん
これでも仙台RCCのHPを見ると、2,5mなんですね。
どう見てもその3倍はあると思いましたが、よく考えると裏側から登るとそれぐらいでした。
でもスラブ斜面も45度程度なので高度感はそれほどありません。
なにより、太いロープで確保されてますから安心です、ハイ。
<< 雪崩講習会のご案内 20111002_薬莱山 >>