休日1

とある休日、妻の付き合いで多賀城へ。
スキーシーズンは休みに家に居ることがないので、夏場は少し点数稼ぎしておかないとね・・

妻が用事を済ませるあいだ、ちょっと気になる場所を訪ねました。
以前、自転車で来たことのある、芭蕉ゆかりの「末の松山」「沖の石」。
http://yossy1904.exblog.jp/i23/
古今和歌集には「浪が越えるはずが無い末の松山・・」とあります。
深読みすれば、この下までは波が来ると言う事でしょうか?
c0081645_2310229.jpg

宝国寺の前にある句碑には、くっきりと津波の跡が残っています。
c0081645_22492690.jpg

「末の松山」を遠望すると、たしかにすぐそばまで津波の跡があります。
あと数メートルまで津波が迫ったようです。
c0081645_23112617.jpg

近くの「沖の石」に言ってみるとこちらは無事・・
c0081645_22515122.jpg

かと思ったら、裏に回ると柵が壊れてました。
池は泥に埋まらなかったのでしょうか。

追記
ブログやツイッターを検索すると「沖の石」は震災ゴミで埋まったようです。
さすが「史都多賀城」、いち早く復旧したようですね。
[PR]
Commented by kuromedaka at 2011-06-29 07:50 x
はじめまして。ご訪問ありがとうございます。
「末の松山」、私も記事にしました。沖の石の写真も載せましたのでよろしかったらご覧下さい。5月13日の記事になっています。
震災から2ヶ月も経っていますので、当時はもっと瓦礫で埋まっていたのでしょう。
被災地の復興、まだまだ先が長いですね。
Commented by tom at 2011-06-29 21:17 x
多賀城市民だった時、徒歩で私も多賀城廃寺跡とか沖の石とか末の松山回って、こんなもんかと思いました(笑)
スマホ、私には縁遠いです。
Commented by yossy1904 at 2011-06-29 22:37
kuromedakaさん、はじめまして!
昨日参考にさせていただいたYAHOOブログの方ですね。
他のページも拝見しましたが、とても素敵な写真ばかり・・。
これからも訪問させていただきますね。
Commented by yossy1904 at 2011-06-29 22:42
tomさん、
たしかに「末の松山」などただの松ノ木じゃん、と思ってしまう・・、あっ、多賀城市民を敵に回してしまったかも。
でも江戸時代からこの歌枕は俳人たちをがっかりさせたようですね。
浜が近くにあった頃の名所なのでしょう。
ところでスマホ、苦労してます(汗)
by yossy1904 | 2011-06-28 23:19 | おくのほそ道 | Comments(4)

裏山パウダーと花の山旅


by yossy1904
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30