雪崩への備え

11月の座学に続き、雪崩講習会実技編を受講。
前回は「雪質観察・弱層テストコース」に参加したので、今年は「ビーコン捜索コース」へ。

山岳会の講習や仲間うちの練習でビーコン訓練は何度か経験していましたが、そのときは50cm以内の深さに水平に埋め、それを探すというもの。
今回の講習では、
①ビーコンを50cm毎に2mまでの範囲で異なる深さに埋め、各機種のビーコンでどのように表示されるか。
②ビーコンを3次元の各方向に向けた時、捜索者はどのような軌跡で遭難者へ辿り着くか(磁力線の違い)。
③2台のビーコンを1m以上の深さに3次元の各方向に埋め、10分を目標に掘り出す。
ざっとこんな感じで、非常に実戦的な内容。
朝7時から午後3時過ぎまでびっしり、とても疲れましたが内容の濃い訓練でした。

急斜面に垂直な壁を作り、50cm毎にビーコンの深さを変え、各機種でどのような表示がされるか記録します。
どのビーコンも2~3倍ほどの距離を表示するようです。
自分の機種がどの様に表示するか記憶し、実際に埋没した深さを判断できるようにします。
c0081645_231616.jpg

講師の話に熱心に耳を傾ける受講生。
c0081645_2314884.jpg

9分で遭難者発見!
10分以内で見つけるのはかなり大変です。
c0081645_2311512.jpg

ここでしか聞けないノウハウも盛りだくさん。。
たとえば、こんな方法とか・・
(TRACKER DTS限定)
c0081645_23215446.jpg

ただ、ビーコンの理論を理解してないと、なにを言ってるのかちんぷんかんぷんだと思います。
バックカントリーに出かける方は座学・実技をセットで受講することを強くお勧めします。
残念ながら、次は来シーズンになりますが・・。
[PR]
Commented by NON at 2011-03-02 12:26 x
雪山やるなら、こういう講習会には参加しなくちゃいけないですね!
なかなかチャンスが無いです。
とりあえず、山岳会の雪洞訓練行きます。
Commented by yossy1904 at 2011-03-02 21:07
NONさん
冬山をやるならビーコンとゾンデは必携ですが、訓練しなければ使えないことを思い知りました。
ところでNONさんはビーコン、持ってます??
これから買うなら上の写真の機種がお勧めです(と講師が言ってます)。
Commented by NON at 2011-03-02 23:23 x
ビーコンもゾンデも持ってません!
今日、やっとスキーセット購入しました。
参考にさせていただきます。
Commented by yossy1904 at 2011-03-02 23:37
NONさん
スキー購入おめでとうございます。
いよいよ抜け出せない泥沼にはまってしまいましたね!
ところで講師の受け売りですが、ゾンデは2m前後が使いやすいそうです。
私のは3mですが、どちらかといえば遺体捜索用とか・・(汗)。
ビーコンは救助してもらうなら発信周期の短いものが良い(通常1秒周期だが、0.7~0.8秒もものもある)。
捜索で使うなら上の写真のものが速い・・、結局こなれてる製品がいいのでしょうかね。
Commented by torasan-819 at 2011-03-04 02:52
私もTRACKER-DTSですが、縦に持つところになにかノウハウがあるのですね。
次回は是非参加したいと思います。
雪崩ではありませんが、つい先日いろいろあったもので(^_^;)
Commented by yossy1904 at 2011-03-06 21:09
torasanさん
私の取説には記載されてますが、最近の取説からは削除されたそうです。
まだ自分の中で未消化の部分が多く、どういう理屈かをここでお話できないのが残念(汗)。
>つい先日いろいろあったもので
身近で同じような事故の体験者がいます。
他人事ではありませんねー。
by yossy1904 | 2011-02-28 23:22 | Comments(6)

裏山パウダーと花の山旅


by yossy1904
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30