トレッキング・沢・自転車を一度に楽しむ~裏岩手

シルバーウィークに引き続き、週末も実家のペンキ塗りで鹿角へ。
なんとか土曜日中に作業を終えたので、日曜は八幡平トレッキング。
久々に長い距離を歩きたくなり、裏岩手を縦走しました。

裏岩手を北上する場合、松川から登るのが普通ですが、今回は確認したいルートがありました。
源流釣りをする弟から(むげん)、樹海ラインの途中から赤川支流を遡り大深沢に抜ける話を聞いたことがあります。
ネットで調べると、1時間かからずに尾根に出るとのこと。
念のため沢装備をザックに入れ、このルートで裏岩手縦走路に向かうことにしました。

帰りの車道歩きを省くため、畚岳登山口に自転車をデポ。
おとなしく待ってろよー。
c0081645_095568.jpg


赤川支流にかかる橋のたもとに、数台分の駐車スペースがあります。
目の前の堰堤から沢にそって踏跡がありますが、そちらへは進まず川原を歩きます。
名前のとおり、赤い川底です。
c0081645_0153381.jpg

10分ほど行くと分岐。
右が水量が多いのでそちらに行きたくなりますが、ここは左へ。
c0081645_0172812.jpg

しばらく進むと左にトラロープが下がってます。
c0081645_0214521.jpg

ちょっと迷いますが、そのまま進むとミニゴルジュ。
たぶん、雪融けの頃は右岸を巻くのでしょう。
c0081645_0221293.jpg

ミニゴルジュの先に3mほどの滝。
ここはロープが3本垂れているので、好きなロープで登ります。
だいぶ古いので3本まとめて持ったほうがいいかも・・。
c0081645_0245278.jpg

次第に沢が開けてくると、あっけなく登山道の橋が見えてきました。
ここまで沢装備、一切使用せず。
登山靴でOK!
(ただし、雪融けの頃や、雨後はわかりません)

橋を左に行くと、すぐに大深山荘が見えます。
小屋前のベンチで昼食。
c0081645_039428.jpg

秋田なまりでよくしゃべるおじさんと、東京から来たという単独の若い女性が一緒でした。
この方たちの会話・・
おじさん「わがい女性が山登りだの、珍しいっすな」
女性「えっ、そんなことありませんよー。東京あたりでは最近私より若い子も山に行ってますよ」
東京の流行が、東北に飛び火してほしいと切に願います・・。

縦走路は右に岩手、左に秋田の眺望が広がり最高の気分です。
c0081645_0442116.jpg

尾根は広く、ところどころに池や湿原があります。
水面の青空がきれい・・。
c0081645_0453592.jpg

水面から枯れ枝が飛び出す、不思議な池。
鹿の角にも見えます。
c0081645_0471059.jpg

数が少ないですが、まだまだ花も咲いてます。
花の名は・・・、ほとんど分かりません(-。-;)
c0081645_050349.jpg

c0081645_0503263.jpg

c0081645_0504917.jpg

c0081645_0513794.jpg

いつまでも歩いていたいのですが、畚岳が見えてくると縦走路もそろそろ終わり。
c0081645_053462.jpg

登山口から車までは、八幡平樹海ラインを自転車で。
ひたすら下りが続き、ちょっとブレーキが心配なほどです。
紅葉は山の上より、樹海ラインの方がきれいでした。

今回のルート(概念図)
c0081645_055462.jpg

赤川支流の部分(GPSで確認したルートを手書きで入れてます)
c0081645_0564667.jpg

11:22赤川支流の橋~12:43登山道~12:52大深山荘13:22~16:49畚岳登山口
[PR]
by yossy1904 | 2009-09-27 23:38 | トレッキング | Comments(10)
Commented by とーます at 2009-09-29 16:55 x
ほーこのように自転車を使うのですね。
参考になりました。φ(.. )メモメモ
大深山荘もきれいですね、ぜひ泊まってみたいです。
花の写真後のほうはアキノキリンソウとヤマハハコではないでしょうか。
Commented by utinopetika2 at 2009-09-29 21:11
赤い川・・・鉄分でしょうか?
それにしても・・・宮城県より紅葉が遅い???ですよね。
これが普通なんでしょうけど。
白馬岳・・・若い登山者が多いのには驚きました。
こちらも早くそうなって欲しいですぅ。
Commented by tom at 2009-09-29 22:48 x
こんばんは
タイトコーナありでDHはたしかに心配かも。蔵王は水引入道のあたりが紅葉は綺麗でした。(中高年登山者がほとんどでしたが!!)
で薪揚げ参加予定ですが、まほろば集合でいいでしょうか??
Commented by yossy1904 at 2009-09-30 00:56
とーますさん、こんばんは。
山岳道路が通っている山域なら、自転車を使ったルートがいろいろ開拓できそうですね。
私はクロスバイクですが、このような用途ならフォールディングバイクも良さそうです。
Commented by yossy1904 at 2009-09-30 01:00
utinopetikaさん、こんばんは。
縦走路は紅葉も終わりかけのような気がします。
ただ、樹林帯は蔵王のほうが紅葉が進んでるように見えますね。
ところで・・、残念ですが今週末は山岳会の公開登山があるため、薪上げは不参加となりました。
来春から参加しますので、よろしく!
Commented by yossy1904 at 2009-09-30 01:06
tomさん、
DHではディスクブレーキが欲しくなりますね。
ただ、八幡平の岩手側はアスピーテラインといい、樹海ラインといい、自転車天国のような気もします。
とにかく、爽快ですよ。

ところで、上のコメントでも書きましたが、薪上げは不参加となりました。
また機会がありましたら、ご一緒したいと思います。
Commented by Clearwater0606 at 2009-09-30 14:09
10枚目の池、良いですねえ。これをモノクロで撮ったりすると、かなり面白い雰囲気になりそうです。

藤七温泉に行きたくなりました。
Commented by morino1200tb at 2009-09-30 22:32
とーますさんの三ツ石山から続いての裏岩手縦走、楽しませていただきました。お二人に感謝です。
景色はモチロンですが大深山荘も良さそうですね。もっと情報集めて来年は泊まり縦走(無理なら何とか日帰りでも温泉泊まりでも)してみたいものです。
Commented by torasan-819 at 2009-10-01 02:43
弟さんは「むげん」の方でしたか!
HPは見せていただいてました。
ご兄弟で趣向はちょっと違っても「沢」という点では共通項があるんですね~
裏岩手トレッキングは興味深いですね。
地図を見ながらフムフムでした。
自分で考えてこういう自由なルートを考えて実行するのは最高の遊びですね。
yossyさんには触発されまくりです。
Commented by yossy1904 at 2009-10-01 23:07
Clearwaterさん、
畚岳登山口から行けば、この池はそんなに遠くないですよ。
不思議な池なので、ぜひ写真を撮ってください。
それに、畚岳登山口は藤七温泉に近いですし。。

morino1200tbさん、
このあたりの避難小屋はみな新しいので、ぜひ泊まってみてください。
ちなみに、稜雲荘(H14築)、茶臼山荘(H16築)、大深山荘(H15築)、大白森山荘(H15築)、三ツ石山荘(H16築)等々・・。
まわりの自然環境に溶け込むようなデザインにしたとか。
そのため荒天時に目立たないというデメリットも生じたようです(赤い屋根を改築で茶色にした)。

torasan-819さん、
今回は、大深沢へのアプローチの偵察も兼ねてます。
下(玉川方面)から入ると源流はかなり遠いのですが、尾根越えなら簡単に入れるようです。
ただ、稜線から大深沢への下降ルートは笹薮が濃くて、飛び込むのはちょっと勇気が要りますね。

ところで、昨夜は久々の完徹(仕事ですよ!)。
そのため、皆様のコメントへ返信が遅くなりましたことをお詫びしますm(_ _)m。
しかし・・、もう40時間ほど寝てません・・。

<< 「その他のリンク」について シルバーウィーク >>