空中ケンスイ

来月から沢登りが始まるので、岩トレに参加しました。
場所は、仙台近郊の外岩ではポピュラーな、鎌倉山。

通称「ピナクル」。
高度感抜群です。
c0081645_2383218.jpg

ベテランの説明を聞く受講者はみな真剣です。
命懸けなんです。
c0081645_2314579.jpg

こんなところを、細いロープを頼りに下るわけですから。
c0081645_2312515.jpg

45mロープの全長を使い切る高度。
ハングしているため、ほとんど空中。
c0081645_23175076.jpg

待機中は景色を見る余裕はありませんでしたが、あらためて写真を見ると下界の新緑がとてもきれい。
c0081645_2320356.jpg

センパイから言われました。
「40度の斜面をスキーで下ることを考えれば、こっちの方が楽だろ」
いえいえ、地面に足が着いてるスキーのほうが楽ですから。
[PR]
by yossy1904 | 2009-05-10 23:23 | 山遊び | Comments(8)
Commented by とーます at 2009-05-11 08:28 x
んーどっちが楽か悩ましい。(^^ゞ
私なら懸垂下降かな?
Commented by yossy1904 at 2009-05-11 21:25
んー、たしかにロープで確保されているだけ、こっちの方が気が楽でしょうか。
でも、どっちも怖いですね。
なんで行くんでしょうね。。
Commented by utinopetika2 at 2009-05-11 21:42
高度感ありますねぇ~。
懸垂下降ができれば、行動する山域が増えそうです。
恥かしながら、これの逆バージョンで、サルベージされた事があります。
Commented by morino1200tb at 2009-05-11 23:52
ヒェー、怖い。高所恐怖症の私には無理ですね。この前行った二ツ箭山の男体山でも腰が抜けそうでしたから・・・。
yossyさんはこれから沢登りですか、天狗小屋で沢登りの方たちと同宿したことがありましたが、皆さんバイタリティ溢れてましたね。
Commented by tom at 2009-05-12 21:11 x
私は釣りメインなので懸垂やるような沢登はしません。訓練だけはしておいた方がいいのでしょうが。
連休久しぶりにアスピーテ越えをしてきて、大深沢行きたくなりました。
Commented by YG at 2009-05-13 00:06 x
私、隠していましたが、実は高所恐怖症で…
昔、八甲田のガイドさんに、『なんでこんな趣味、持っちゃったの~』
って言われました(^o^;
でも、どんなに急斜で、登る時に足震えてビビッてても、
板履くと安心するんですよね~。
そう、地に足が付いてる、ってか…
カメラマンが、フェンダー覗くと恐怖心がなくなるように、
テレマーカーは、板履くと、『何だか今日行けそうな気がする~!!』
あると思います。
Commented by Clearwater0606 at 2009-05-13 18:40
凄いところですね。ここは下の道路から眺めることがありますが、上からの展望を拝見するのは初めてです。私は高所が駄目なので、この状況を想像しただけでも、びびってしまいます。
Commented by yossy1904 at 2009-05-13 20:35
utinopetikaさん、
サルベージも恐そうですね。
ヘリは普通に乗ってても怖いのに・・・

morino1200tbさん、
ブログ、拝見しました。
30mの鎖場は下りが怖そうですね(特に鎖は手が滑りそうで)。

tomさん、
大館に居るころ白神方面によく釣りに行ってましたが、効率よく移動するために懸垂を利用してました。
滝を大きく高巻くと、沢に下りる場所が崖になってる場合が多く、10m程度なら懸垂で下りてました。
当時7mmロープをダブルで使用してましたので、今思うと怖いもの知らずでしたね。

YGさん、
ワタシも高いところは苦手ですよ。
湯殿山も初めての時は、怖くて一歩踏み出すのも大変でした。
先月ご一緒した時は何の躊躇もなく下りられたので、少しは馴れてきたかもしれません。
でも、あれより急だと無理(;´Д`A ```

Clearwaterさん、
鎌倉山は一般登山道もあるようです。
山頂までは行った事がありませんが、ピナクルは普通に歩いて行けます(途中、ちょっと怖い)。
ただ、登山道は浮石が多く落石も多いので、要注意です。
<< 20090520_鳥海山祓川ルート 月山滑降 >>